関西高校選手権は6月15日に王子スタジアムで準決勝を行い、高槻(大阪1位)と関学(兵庫1位)が決勝に進出した。
 高槻は関西大倉(大阪3位)に34―0で快勝し、関学は立命館守山(滋賀1位)を28―9で破った。


 「尼崎ボウル」は6月15日、ベイコム陸上競技場で行われ、アサヒ飲料が京大に27―0で快勝。同日、川崎富士見球技場で行われたXリーグ2部の「スプリングボウル」は、富士ゼロックスが電通に15―3で勝った。


【主な春季試合結果】=6月14、15日
 ▽関西高校選手権準決勝(王子スタジアム)
高 槻(大阪1位)34―0関西大倉(大阪3位)
関 学(兵庫1位)28―9立命館守山(滋賀1位)


 ▽西日本学生大会(EXPO FLASHFIELD)
大阪工大0―35京都府立大
京都教育大10―摂南大
岡山大0―31仏教大
大阪経済大27―0大阪市立大


 ▽大学定期戦(EXPO FLASHFIELDほか)
近畿大30―13専 大
駒 大28―17国士舘大
学習院大20―27甲南大


 ▽尼崎ボウル(ベイコム陸上競技場)
アサヒ飲料27―0京 大


 ▽スプリングボウル(川崎富士見球技場)
富士ゼロックス15―3電 通


 ▽交流戦(アミノバイタルフィールドほか)
首都大東京37―3横浜市立大
一橋大0―7警視庁
埼玉大26―7流通経済大
早 大96―0西南学院大
防衛大20―13大東文化大
横浜国大17―16東北大

【写真】オール三菱、期待のルーキーRB小形亮介=撮影:Yosei Kozano、14日、川崎富士見球技場