アメリカンフットボールの日本社会人Xリーグで、昨季限りで企業チームとしての活動を停止した鹿島ディアーズが、住宅設備最大手LIXIL(リクシル)とスポンサー契約を結び、チーム名を「リクシル・ディアーズ」とし、クラブチームとして存続することが30日、発表された。契約は4月から17年3月末まで。選手は引き続き鹿島の社員として勤務する。
 新設のチーム運営会社の代表を兼ねる森清之ヘッドコーチは「目標はやる以上は日本一。自立したチームになれるよう、クラブの価値を高めたい」と抱負を述べた。
 鹿島の社員だけで構成されていた企業チームからクラブチームになった「リクシル・ディアーズ」は、3月に社会人選手を対象にしたトライアウトを実施する予定。
 鹿島は1989年創部。学生王者と日本一を争う日本選手権(ライスボウル)で2度優勝した強豪は昨年4月、「社員の採用数を減らす中で、選手の補強に影響が出る。これまでの活動で社の一体感に寄与するという役割を果たせた」という理由で、鹿島ディアーズとしての活動は、2013年シーズンが最後になると発表していた。

【写真】チーム運営会社の代表を兼ねるリクシルの森清之ヘッドコーチ(左)=2012年、JXB記者発表