公益財団法人日本フラッグフットボール協会と株式会社ローソンは、新学習指導要領に例示掲載された「フラッグフットボール」の教具を一式無償で、福島県相馬市内の小学校全10校へ寄贈することを8日に発表した。


  ローソンは、2011年の東日本大震災発生時に福島市郡山市、いわき市への緊急支援物資の提供など復興支援に努めてきた中で、次世代を担う子どもたちのために学習や運動の面で貢献するため、教育価値の高さから新たに学習指導要領に掲載された「フラッグフットボール」の教具を一式寄贈することを決めたという。


 10日に相馬市役所で相馬市長へ日本フラッグフットボール協会、ローソンの関係者から教具寄贈の目録の贈呈を行い、同日「中村第一小学校」へ教具の寄贈を行うという。今後他の9校へも11月までに順次寄贈していく予定だ。


<本件に関する問い合わせ先>
広報担当者 
公益財団法人日本フラッグフットボール協会
事務局長 佐藤壮二郎(さとうそうじろう)
TEL:03-5302ー1317 FAX:03-5302ー1318
E-mail:info@japanflag.org

【写真】福島県相馬市を訪問し、桜丘小学校の児童と記念写真に納まるブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王夫妻=2011年