いただいた手書きの原稿は、文字も内容も実に味わい深いものだった。日本のアメリカンフットボール界のカリスマ、水野彌一前京都大学監督のコラムからは、教え子やスポーツに対する深い愛情がにじんでいた。無理を言ってお願いしたかいがあったと思っている。
 アメリカンフットボール専門WEBマガジン「週刊TURNOVER」は、9月にリニューアルした。コラムの執筆陣は才能あふれる人材がそろい、さまざまな切り口で読者の期待に応えようという意欲にあふれている。
 石垣佐保子さんの四こま漫画「おっくん」は、大学生になった主人公の奥田剛が、アメリカンフットボールを通じて成長していく姿を描く。ユーモアを交えた、ほのぼのとしたストーリー仕立てになるというのが編集者の見立てだが、果たして…。(編集長・宍戸博昭)

【写真】リニューアルオープンした「週刊TURNOVER」のトップバナー