【編集後記】Vol.168

【編集後記】Vol.168

国内【2017/01/13】

 学生時代、鬼監督を頂点とする縦社会で過ごしてきた我が身を振り返ると、最近のスポーツ界で好成績を収めている大学の体育会運動部の監督の指導法は、とても新鮮だ。いまさらながらそう思う。  帝京大ラグビー部を8年連続で大学日本一に導いた...【続きを読む】

関西学院中学部が優勝 第4回中学生日本選手権

関西学院中学部が優勝 第4回中学生日本選手権

国内【2017/01/10】

 第4回中学生日本選手権は1月9日、富士通スタジアム川崎で行われ、関西学院中学部ジュニアファイターズが佼成学園中学ロータスを30―13で破って優勝した。  関西学院は第1クオーター、QB前島仁からWR八木孝太への43ヤードTD...【続きを読む】

【編集後記】Vol.167

【編集後記】Vol.167

国内【2017/01/06】

 1月3日のライスボウル。関学大の小野宏ディレクターは、いつものように場内のファンに向けたFMラジオ放送の「解説」のため、東京ドーム4階のバルコニー席にいた。  周波数を「77・7MHz」に合わせると、的確なプレー解説を聞くことが...【続きを読む】

富士通が2年ぶり2度目の日本一 ライスボウル、関学大を破る

富士通が2年ぶり2度目の日本一 ライスボウル、関学大を破る

国内【2017/01/04】

 第70回日本選手権(ライスボウル)は1月3日、東京ドームで3万3521人の観衆を集めて行われ、社会人王者の富士通が学生王者の関学大を30―13で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。  最優秀選手(ポール・ラッシュ杯)には、3T...【続きを読む】

【編集後記】Vol.166

【編集後記】Vol.166

国内【2016/12/29】

 華やかなクリスマスのイルミネーションが消えると、街は一気にお正月ムードになります。  指折り数えて心待ちにしていたのは遠い昔ですが、今でも何となく気分が高揚する時期です。  2016年もあっという間に過ぎました。この一年、試...【続きを読む】

立命大が快勝 「TOKYO BOWL」、慶大に44―6

立命大が快勝 「TOKYO BOWL」、慶大に44―6

国内【2016/12/26】

 第3回「TOKYO BOWL」は12月25日、横浜スタジアムで慶大(関東学生リーグ1部TOP8順列2位)と立命大(関西学生リーグ2位)の顔合わせで行われ、立命大が44―6で快勝した。  立命大は前半、エースRB西村七斗の2T...【続きを読む】

【編集後記】Vol.165

【編集後記】Vol.165

国内【2016/12/24】

 両チームの選手のヘルメットには「40」と書かれた小さなシールが貼られていた。  「40」は、11月の全国高校選手権関西地区大会の試合中に倒れ、4日後に急性硬膜下血腫で亡くなった、関西学院の3年生TE武内彰吾さんが付けていた背番号...【続きを読む】

佼成学園、創部42年目で初優勝 3連覇狙った関西学院破る

佼成学園、創部42年目で初優勝 3連覇狙った関西学院破る

国内【2016/12/24】

 全国高校選手権決勝(クリスマスボウル)は12月23日、大阪・キンチョウスタジアムで行われ、決勝初進出の佼成学園(東京1位)が、3連覇を狙った関西学院(兵庫2位)を27―17で破って初の高校日本一に輝いた。  FGによる3点を...【続きを読む】

【編集長の独り言】=「白い手袋」

【編集長の独り言】=「白い手袋」

国内【2016/12/21】

 甲子園ボウルでの楽しみの一つに、懐かしい人との再会がある。  羽間平安さん、89歳。関西大学時代はQBとして活躍し、甲子園ボウルでは1955年から83年まで主審を務めた。  日本のアメリカンフットボールの殿堂にもその名を刻ん...【続きを読む】

「第4クオーター勝負になれば」と関学大・鳥内監督 ライスボウル記者会見

「第4クオーター勝負になれば」と関学大・鳥内監督 ライスボウル記者会見

国内【2016/12/20】

 2016年度の日本一を決める、第70回日本選手権(ライスボウル=来年1月3日・東京ドーム)に出場する、社会人代表の富士通と学生王者の関学大が12月20日、東京都内のホテルで記者会見に臨んだ。  2年ぶりの出場となる関学大の鳥...【続きを読む】