【編集長の独り言】=「タモン式RB養成所」

【編集長の独り言】=「タモン式RB養成所」

国内【2016/07/13】

 週刊TURNOVERにコラムを寄せてくれている中村多聞さんが、Xリーグのノジマ相模原と早稲田大学を「タモン式ランニングバック(RB)養成所」の〝所長〟として指導することになった。  この春、XリーグのIBMでも臨時のRBコーチを...【続きを読む】

日本、メキシコに敗れ4位 第4回U―19世界選手権最終日

日本、メキシコに敗れ4位 第4回U―19世界選手権最終日

海外【2016/07/11】

 第4回19歳以下(U―19)世界選手権最終日は7月10日、中国のハルビンで行われ、日本は3位決定戦でメキシコに7―24で敗れて4位だった。  この試合の日本の最優秀選手(MVP)には、8捕球で80ヤードを獲得したTE勝部樹(関学...【続きを読む】

【編集後記】Vol.142

【編集後記】Vol.142

国内【2016/07/08】

 「毎日甲子園ボウル70回の軌跡」(毎日新聞社刊・定価3500円)が、このほど発行された。  甲子園ボウルは1947年(昭和22年)に第1回大会を開催。昨年12月の立命大―早大で第70回を迎えた。  232ページの記念史には、...【続きを読む】

日本、米国に敗れ3位決定戦へ 第4回U―19世界選手権

日本、米国に敗れ3位決定戦へ 第4回U―19世界選手権

海外【2016/07/08】

 中国のハルビンで開催中の第4回19歳以下(U―19)世界選手権は7月7日、準決勝を行い、日本は米国に20―50で敗れた。日本は大会最終日の10日、準決勝でカナダに敗れたメキシコと3位を懸けて対戦する。  日本―米国のゲーム最...【続きを読む】

日本が決勝トーナメント進出 U―19世界選手権

日本が決勝トーナメント進出 U―19世界選手権

海外【2016/07/04】

 中国のハルビンで開催中の第4回19歳以下(U―19) 世界選手権で、日本は7月2日の1次リーグでオーストラリアを42―0で破り、初戦の不戦勝と合わせ2連勝としB組1位となった。前回5位の日本は、7日にA組1位の米国と決勝進出をか...【続きを読む】

【編集後記】Vol.141

【編集後記】Vol.141

国内【2016/07/01】

 「古いアルバムめくり」という歌詞で始まる「涙そうそう」は、沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味だそうだ。夏川りみさんの澄んだ歌声が好きでよく聞く。  不要なものを捨てる「断捨離」という言葉がある。衣替えと平行し...【続きを読む】

【編集長の独り言】=「元気な老紳士」

【編集長の独り言】=「元気な老紳士」

国内【2016/06/29】

 背もたれのないコンクリート製の〝観客席〟。照りつける夏の日差しをまともに受けると、めまいがしてくる。  こんなことを書くととても年寄り臭いが、炎天下でのスポーツ観戦が近頃しんどくなってきた。  周りを見渡すと、自分よりはるか...【続きを読む】

週末の主な試合結果(6月25、26日)

週末の主な試合結果(6月25、26日)

国内【2016/06/27】

 ▽プリンスボウル(6月25日・神戸市王子スタジアム) 大阪高校選抜42―12兵庫高校選抜 京都・広島高校選抜27―9滋賀・東海高校選抜  ▽慶応高―関学高定期戦(6月26日・慶大日吉) 関学高21―6慶応高  ▽大学定期...【続きを読む】

関学が逆転勝ち メキシコの強豪に17―13

関学が逆転勝ち メキシコの強豪に17―13

海外【2016/06/26】

 アメリカンフットボールの日本、メキシコ交流戦「インターナショナルカレッジボウル」は6月25日(日本時間26日)メキシコ市のエスタディオ・オリンピコ・ウニベルシタリオで行われ、関西学院大学FIGHTERS(関学)が強豪のメキシコ国...【続きを読む】

【編集後記】Vol.140

【編集後記】Vol.140

国内【2016/06/23】

 それまで4試合連続で完封勝ちしていたチームが、キックオフ直後につまずき浮足立つ。一度狂った歯車は、最後までかみ合わなかった。  春季高校関東大会決勝。東京1位の佼成学園が神奈川1位の慶応に敗れた試合では、高校生の可能性と危うさが...【続きを読む】