関学大、立命大下し2年ぶり55度目の優勝 関西学生リーグ最終日

関学大、立命大下し2年ぶり55度目の優勝 関西学生リーグ最終日

国内【2016/11/21】

 関西学生リーグは11月20日、大阪・万博記念競技場で最終節最終日を行い、注目の一戦は関学大が立命大に22―6で勝ち、7戦全勝で2年ぶり55度目の優勝を果たした。  6勝1敗で2連覇を逃した2位の立命大は、27日に福岡・博多の...【続きを読む】

名城大、西南大破り4回戦へ 全日本大学選手権西日本代表決定トーナメント

名城大、西南大破り4回戦へ 全日本大学選手権西日本代表決定トーナメント

国内【2016/11/21】

 全日本大学選手権の西日本代表決定トーナメント3回戦は11月19日、福岡・春日公園球技場で行われ、名城大(東海代表)が52―13で西南学院大(九州代表)に快勝した。  名城大は、27日に福岡・博多の森陸上競技場で行われる同4回...【続きを読む】

【編集後記】Vol.160

【編集後記】Vol.160

国内【2016/11/18】

 アメリカンフットボールの魅力は、その高い戦略性にある。全てがセットプレーなので、攻撃側は状況に応じて最も有効なカードを切り、守備側は事前に分析した傾向に基づいて対策を立てる。  国内の大学の試合で、最もスリリングで高度な攻防...【続きを読む】

【編集長の独り言】=「不死鳥の葛藤」

【編集長の独り言】=「不死鳥の葛藤」

国内【2016/11/15】

 横浜スタジアムの最上段にある記者席へ向かう急勾配の階段を上りながら、「日大が完封負けするのは、いつ以来だろう」と考えていたら、直後に1年生QBがゴール前1ヤードから飛び込んで一矢報いた。  関東学生リーグTOP8は第6節を終了し...【続きを読む】

ノジマ相模原ライズJr.がASIJに快勝 関東小学生リーグ

ノジマ相模原ライズJr.がASIJに快勝 関東小学生リーグ

国内【2016/11/15】

 関東小学生アメリカンフットボール連盟主催の秋季リーグ戦は11月13日、東京都調布市のアメリカンスクール(ASIJ)グラウンドで2回戦の第3試合を行い、ノジマ相模原ライズJr.がASIJに19―0で勝った。  ライズJr.は、...【続きを読む】

富士通、パナソニック、IBM、オービックが4強入り JXBトーナメント

富士通、パナソニック、IBM、オービックが4強入り JXBトーナメント

国内【2016/11/14】

 Xリーグは11月12、13日に横浜スタジアムなどでジャパンエックスボウル(JXB)トーナメントの準々決勝を行い、富士通(レギュラーシーズン1位)、オービック(同2位)、パナソニック(同3位)、IBM(同5位)がベスト4に進出した...【続きを読む】

関東は佼成学園―慶応、関西は啓明学院―関西学院 全国高校選手権

関東は佼成学園―慶応、関西は啓明学院―関西学院 全国高校選手権

国内【2016/11/14】

 全国高校選手権は11月13日、東京・アミノバイタルフィールドなどで関東、関西の準決勝を行い、関東は佼成学園(東京1位)と慶応(神奈川)、関西は啓明学園(兵庫1位)と関西学院(同2位)が決勝に進出した。  決勝は関東が23日に...【続きを読む】

慶大6戦全勝、66年ぶりの甲子園ボウルへ大きく前進 法大と早大は1敗 名城大が勝つ

慶大6戦全勝、66年ぶりの甲子園ボウルへ大きく前進 法大と早大は1敗 名城大が勝つ

国内【2016/11/14】

 関東学生リーグTOP8は11月12、13日に横浜スタジアムなどで第6節の4試合を行い、慶大が日大に27―6で快勝し6戦全勝とし、1950年以来66年ぶりとなる甲子園ボウル(全日本大学選手権決勝)出場に大きく前進した。日大は3勝3...【続きを読む】

【編集後記】Vol.159

【編集後記】Vol.159

国内【2016/11/10】

 試合は関学のキックオフで始まった。京大最初の攻撃シリーズは相手守備の隙間を突き、テンポよく前進した。  考え抜かれたプレー選択は「さすが京大」と思わせた。第1クオーター6分38秒、最後は3年生RB入山鼓選手が6ヤードを走り切って...【続きを読む】

【編集長の独り言】=「7対59」

【編集長の独り言】=「7対59」

国内【2016/11/08】

 スコアを見て驚いた。7対59。九州学生リーグで既に優勝を決めていた西南学院大が、リーグ最終戦で久留米大に敗れた試合結果である。  西南大は、この試合に負けて4勝1敗で福岡大と1位で並んでも、直接対決で勝っているため、全日本大...【続きを読む】