第4クオーター、同点を狙った富士通のラストシリーズ。残り9秒、パスをキャッチしたWR宜本潤平が電光掲示板を見ながら3秒でダウン。スパイクして時計は残り1秒で止まる。