後半16―24と追い上げた富士通は、同点を狙って残り1秒でエンドゾーンへQB出原がヘイルメアリーパスを投げ込む。オービックディフェンスがボールをはたき落として万事休す。