サンデーナイトフットボール(SNF)は、アメリカのテレビ4大ネットワークのNBCが2006年から放送している。その放送開始に当たって新たに導入されたユニークな制度が「フレキシブル・スケジューリング」だ。


 これはシーズンが始まってから、SNFのゲームを同じ日の午後に開催される予定だったゲームと入れ替えることができるというものである。


 なぜこのような制度が生まれたかといえば、NFL全体の人気維持拡大とNBCへの配慮によるものだ。
 当然のことだがNFLのスケジュールはシーズン開幕前に決定される。日曜夜に地上波で全米中継されるSNFは注目度が高く、NFLテレビ中継のなかでもプレミアム感があるパッケージだ。


 NBCがNFLに支払う放送権料は週1ゲームだけの放送にもかかわらず、日曜午後の複数のゲーム中継を行うCBS、FOXに近い額となっているのである。
 SNFに強豪チームやライバルチームの対戦など人気カードが選ばれているのも当然だといえよう。


 が、それはあくまでシーズン開幕前での判断であり、開幕してみると強いと思われていたチームが不振に陥り、せっかくのSNFが”外れゲーム”となってしまった、ということが以前にはあった。その救済策として採用されたのが、フレキシブル・スケジューリングなのである。


 この制度において基本的に第11週から第17週に行われ、ゲームデーの12日前(第17週は6日前)までにNBCは希望するゲームと入れ替えることが可能だ。
 入れ替え可能なのは日曜午後のゲームだけで、マンデーナイトやサーズデーナイトは対象外となる。


 ただ、CBSとFOXとしてはせっかく高視聴率が望めるカードを引き抜かれるわけで、痛手となってしまう。そのため、両局には7週間のうち5ゲーム(1週1ゲームまで)を入れ替えからプロテクトする権利が与えられている。


 実際この制度により人気カードが維持されることはファンからも好評で、その結果今シーズンは第5週から第10週までにもフレキシブル・スケジューリングが実施可能となった。
 ただし、入れ替えられるのは拡大された6週間のうち2ゲームまで、とやはり制限が加えられている。


 またCBSとFOXの間でも人気のゲームを広い地域で放送できるよう、日曜午後のゲーム内で交換する「クロス・フレックスド」という新たな制度も導入された。


 テレビ中継の効果を最大化するためにNFLはスケジューリングにおいても文字通り柔軟な姿勢で取り組みを続けているのである。


記事提供=「NFL Japan BIZ」
「NFL Japan BIZ」・Facebookページ
https://www.facebook.com/nfljapanbiz?ref=ts&fref=ts


渡辺 史敏 (わたなべ・ふみとし)のプロフィル
1964年生まれ。明治大卒。雑誌編集者を経て1995年に渡米。ニューヨークを拠点にNFLやサッカーなどスポーツ、ITの分野で取材・執筆活動を行う。2014年4月に帰国。フリーランス・ジャーナリスト活動を行う他、NFLの日本窓口、NFL ジャパン リエゾン オフィスのPRディレクターに就任。

【写真】NFLは「フレキシブル・スケジューリング」で人気カードの放送に努めている(AP=共同)