ライター一覧

宍戸博昭のSafety Blitz

宍戸博昭

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

「ハドルボウル」に往年の名選手 主宰者・堀古英司さんの思い結実

「ハドルボウル」に往年の名選手 主宰者・堀古英司さんの思い結実

2013/02/13 【宍戸博昭】

 高層ビルが建ち並ぶニューヨークのミッドタウン。観光名所でもあるタイムズスクエアの北側に、堀古英司さんが最高運用責任者を務める「ホリコ・キャピタル・マネジメントLLC」のオフィスはある。日本を離れて20年。「フットボールは私の原点...【続きを読む】

語り継がれる「ザ・ドライブ」 復活した古豪49ers

語り継がれる「ザ・ドライブ」 復活した古豪49ers

2013/01/31 【宍戸博昭】

 初めてスーパーボウルを取材したのは1989年。マイアミで開催された、第23回大会のサンフランシスコ49ers対シンシナティ・ベンガルズだった。QBジョー・モンタナを筆頭に、各ポジションに好選手を擁した49ersが、勢いのあったベ...【続きを読む】

誇り高き孤高の学生王者 「KWANSEI GAKUIN FIGHTERS」

誇り高き孤高の学生王者 「KWANSEI GAKUIN FIGHTERS」

2013/01/06 【宍戸博昭】

 悔しい敗戦から5時間ほどが経っただろうか。約束の場所に現れた関学の小野宏コーチは、吹っ切れたような表情をしていた。  東京・目黒の小学校の後輩の彼とは、関学が日本選手権(ライスボウル)に出場してもしなくても、毎年正月にささや...【続きを読む】

「伝家の宝刀」オプション攻撃 HOSEI TOMAHAWKSの流儀

「伝家の宝刀」オプション攻撃 HOSEI TOMAHAWKSの流儀

2012/12/18 【宍戸博昭】

 「伝家の宝刀」「お家芸」「必殺○○○」。チームを象徴するプレーや選手の得意技を表現する時に使う言葉は、ピタリとはまると気持ちいい。体操、レスリングは昔から日本のお家芸と言われている。趣の違うところではジャイアント馬場の16文キッ...【続きを読む】

絶望のふちから復活 鹿島QB山城拓也

絶望のふちから復活 鹿島QB山城拓也

2012/12/04 【宍戸博昭】

 出番は終盤にやってきた。12日2日に横浜スタジアムで行われた社会人Xリーグ準決勝の鹿島―富士通。鹿島の森清之ヘッドコーチは、負傷退場した先発QB加藤翔平に代え、控えの山城拓也をフィールドに送り出す。日大出身の山城は入社4年目だが...【続きを読む】

心優しいハードヒッター 日大副将デービッド・モトゥ

心優しいハードヒッター 日大副将デービッド・モトゥ

2012/11/14 【宍戸博昭】

 骨のきしむ音が、スタンドまで聞こえてきそうなハードタックルを決めた相手を優しく抱き起こし「God bless you」―。日大フェニックスの守備の要、米国人DEデービッド・モトゥは、強豪チームの副将を3年から任されている「サムラ...【続きを読む】

カリスマが後を託した若き指揮官 京大・西村大介監督

カリスマが後を託した若き指揮官 京大・西村大介監督

2012/10/29 【宍戸博昭】

 隊列を組んだ京大の選手たちが、号令に合わせて整然とグラウンドを一周する。まさに、一糸乱れぬという表現がぴったりだ。  10月27日、京都の西京極陸上競技場で行われた関西学生リーグ伝統の一戦、久しぶりの全勝対決となった京大‐関...【続きを読む】

歴史に残る名勝負「涙の日生球場」 1977年、関学大-京大

歴史に残る名勝負「涙の日生球場」 1977年、関学大-京大

2012/10/17 【宍戸博昭】

 スポーツの世界には「歴史に残る名勝負」として語り継がれる試合がある。国内のアメリカンフットボールでは、学生日本一を決める「甲子園ボウル」で数々の名勝負があったが、今回は今から35年前、大学フットボール界をリードする関西学生リーグ...【続きを読む】

「勝っても負けても淡々と」 学生を愛した鬼監督・篠竹幹夫

「勝っても負けても淡々と」 学生を愛した鬼監督・篠竹幹夫

2012/10/03 【宍戸博昭】

 試合翌日のオフは、授業に出る場合を除き門限は午後5時。禁酒禁煙は当たり前で、夜の盛り場に繰り出すなどはもってのほか。大学4年間の合宿所生活は、どんな「箱入り娘」にも負けない厳しい規律に縛られていた。  7月に7回忌を迎えた恩...【続きを読む】

心にしみる言葉 樋口広太郎さんをしのぶ

心にしみる言葉 樋口広太郎さんをしのぶ

2012/09/20 【宍戸博昭】

 元アサヒビール社長で、内閣特別顧問などを歴任した樋口広太郎さんが9月16日、急性心不全で亡くなった。86歳だった。  住友銀行(現三井住友銀行)副頭取を経て、1986年にアサヒビール社長に就任した樋口さんは、ヒット商品「スーパー...【続きを読む】

ライター一覧