ライター一覧

丹生恭治のカレッジフットボール通信

丹生恭治

丹生 恭治 にぶ・きょうじ

1934年生まれ。関西学院大学卒業後、東京新聞社で運動記者としてスタートし、1962年に共同通信社へ移籍。著書に、中学時代から関学で親しんだアメリカンフットボール生活を描いた「いざいざいざ」がある。甲子園ボウルには高校時代と合わせて6度優勝。

連覇狙うフロリダ州立大 続くアラバマ大とオクラホマ大

連覇狙うフロリダ州立大 続くアラバマ大とオクラホマ大

2014/07/09 【丹生恭治】

 今回のテーマは、今秋の米大学フットボールの勢力分布図である。つまり全米大学体育協会(NCAA)1部上位128校はどこが強いのか。その辺を探って見たいと思っているが、その前に各チームのレギュラーシーズンのスケジュールの組み方をおさ...【続きを読む】

いよいよ「選手権戦」 2014年米大学フットボール

いよいよ「選手権戦」 2014年米大学フットボール

2014/07/02 【丹生恭治】

 春のオープン戦にうつつを抜かしている間に、早くも米国のフットボール雑誌が丸善や紀伊国屋の店頭に並び始めた。私としてはこれがないと商売にならない。早速に買い求め、点検に取り掛かっている。  昨年米国のカレッジフットボールの担当を...【続きを読む】

得点は野球の延長戦と同じ フットボールのタイブレーク

得点は野球の延長戦と同じ フットボールのタイブレーク

2014/06/25 【丹生恭治】

 6月24日の朝刊を広げて、もうそろそろ解決してほしいな、と思った。  前夜、終電5本前の京葉線で東京から戻ってきた。電車を降りると日付が変わっていた。傘寿の爺さんがこんな遅くまで何していたのか、というと、東京ドームでの東日本社会...【続きを読む】

残り8秒で逆転のTDパス 生きていた「篠竹イズム」

残り8秒で逆転のTDパス 生きていた「篠竹イズム」

2014/06/18 【丹生恭治】

 アメリカンフットボールというスポーツの最大の面白味は、攻撃も守備もどう理屈に合わせてプレーを組み立てていくか、という点にある。前回、第4ダウンのギャンブルについて書いたところ、予想外に多くの反応をいただいた。心から感謝する。 ...【続きを読む】

「ドライブは得点で終われ」 言い訳がましい第4ダウンギャンブル

「ドライブは得点で終われ」 言い訳がましい第4ダウンギャンブル

2014/06/11 【丹生恭治】

 統計的な数字はない。にもかかわらず、この春、少し多くなったような気がしている。フォースダウンコンバージョン。第4ダウンで演じるギャンブルである。  ロングドライブの末、相手ゴール前にボールを運び込んだものの、ついに第4ダウン。...【続きを読む】

スタンドで頑張るシニアOBたち お弁当を持った紳士、羽間平安さん

スタンドで頑張るシニアOBたち お弁当を持った紳士、羽間平安さん

2014/06/04 【丹生恭治】

 「こら、何ちゅうタマ出しとるんや! タンブーよ、あれ書け。お前が書かんでだれが書く!」「スナップのことは、先週書いたばっかりや。続けては書けん。またのことや」  申し訳ないが、いきなりあまり品がよくない、方言丸出しの会話で始...【続きを読む】

緊張感あふれる「関関戦」 楽しみな関大QB岸村

緊張感あふれる「関関戦」 楽しみな関大QB岸村

2014/05/28 【丹生恭治】

 5月25日にEXPOフィールドで関学―関大の試合を堪能した。この春観戦した東西の学生の試合の中で、最も濃いと感じられた試合だった。  東西の日程が発表されるとすぐ、私は西ではどの試合を見ようかと、点検を始めた。関学OBとして...【続きを読む】

早大、立命大に快勝 テンポ良かった前半の攻撃、春季交流戦雑観

早大、立命大に快勝 テンポ良かった前半の攻撃、春季交流戦雑観

2014/05/21 【丹生恭治】

 春のオープン戦が始まって、ほぼ1カ月がたった。秋のリーグ戦に向けての各チームの調整が続いている。5月17、18日は調布のアミノバイタルフィールドへ日参した。一番重きを置いたのは、無論17日の早大―立命大の試合である。  「自...【続きを読む】

意外な法大の敗戦、日大は好ゲーム後に失速 春の前半戦あれこれ

意外な法大の敗戦、日大は好ゲーム後に失速 春の前半戦あれこれ

2014/05/14 【丹生恭治】

 戦力分析などという大それたものではない。春のオープン戦の前半、特にゴールデンウイークごろに見た試合から、興味深かったものを一つ二つ取り上げてみようと思う。もちろん私の主観が中心である。  まず驚いたものから取り上げる。これ...【続きを読む】

「スタメン、ダメです」に愕然 「差し上げたことは一度もない」に唖然

「スタメン、ダメです」に愕然 「差し上げたことは一度もない」に唖然

2014/05/07 【丹生恭治】

 このゴールデンウィークは、フットボール漬けの毎日だった。前回、日大―関学をここに取り上げた後、主だったところをざっと見ておこうか、という気になった。  29日は駒沢陸上競技場で早慶戦。次いで5月3日はアミノバイタルフィールドで、...【続きを読む】

ライター一覧