ライター一覧

中村多聞のTAMON'Sスタイル

中村多聞

中村 多聞 なかむら・たもん

1969年生まれ。幼少期からNFLプレーヤーになることを夢見てアメリカンフットボールを始め、NFLヨーロッパに参戦しワールドボウル優勝を経験。日本ではパワフルな走りを生かして、アサヒ飲料チャレンジャーズの社会人2連覇の原動力となる。2000年シーズンの日本選手権(ライスボウル)では最優秀選手賞を獲得した。河川敷、大学3部リーグからNFLまで、全てのレベルでプレーした日本でただ一人の選手。現在は梅田と西麻布でバーガーショップを運営する有限会社タモンズ代表取締役。

「気迫で勝て!」 コーチ多聞が指示したひと言

「気迫で勝て!」 コーチ多聞が指示したひと言

2016/11/17 【中村多聞】

 お店の営業が深夜に終わり、明日のハードスケジュールを考えて早めにベッドに入りましたが、ドキドキして結局一睡もできず徹夜してしまいました。  家を出て駐車場までの道のりはまだ暗く、六本木の早朝もフットボールシーズンが終盤にさしかか...【続きを読む】

「チームプレーに徹し力を尽くす」 コーチの仕事はそれを教えること

「チームプレーに徹し力を尽くす」 コーチの仕事はそれを教えること

2016/11/04 【中村多聞】

 リーグ最終戦。地元相模原でのホームゲームに首位の富士通を迎えた我が「ノジマ相模原ライズ」は、崖っぷちの戦いに臨みましたが無念の敗戦。これでプレーオフには行けなくなってしまいました。  結局レギュラーシーズンは1勝5敗。リーグのシ...【続きを読む】

「必死のパッチ」で全力尽くせ 恩師との対決に燃える「コーチタモン」

「必死のパッチ」で全力尽くせ 恩師との対決に燃える「コーチタモン」

2016/10/27 【中村多聞】

 僕がアメリカ人たちとのフットボールを初めて体験したのは1998年ですからずいぶん昔です。でも、50年前のNFLと今の日本代表が対戦しても絶対に勝てませんので、まだまだ通用するハナシだということでお許しいただきたいと思います。 ...【続きを読む】

甘えは捨てろ 「頑張り」のバロメーターは「結果」

甘えは捨てろ 「頑張り」のバロメーターは「結果」

2016/10/13 【中村多聞】

 社会人のフットボール選手が仕事や家庭とフットボールとの比重をどう置くか、というテーマには正解も不正解もありませんが、僕の思うところを述べてみたいと思います。  まず、日本アメリカンフットボール界における社会人チームの構造をご存知...【続きを読む】

重要なのは「勇気」 集中し、常に全力で臨め

重要なのは「勇気」 集中し、常に全力で臨め

2016/10/06 【中村多聞】

 法政大学の新監督安田秀一氏が「フットボールは勇気を競う競技である」と、最新のコラムに書かれていました。僕も正にその通りだと思っています。試合や練習でのあらゆる局面で勇気はとても重要です。  失敗するかもしれないという時に「構...【続きを読む】

諦めない、それが「タモン流」 あの時の、あの人の言葉

諦めない、それが「タモン流」 あの時の、あの人の言葉

2016/09/29 【中村多聞】

 「タモン式ランニングバック養成所」が指導させてもらっている「ノジマ相模原ライズ」が、今シーズン開幕2連敗。僅差での惜敗とはいえ、数年後にこの記録を見たときには単なる「敗戦」でしかありません。  開幕2連敗など社会人になってか...【続きを読む】

大切なのは言い方やタイミング 「コーチング」って難しい

大切なのは言い方やタイミング 「コーチング」って難しい

2016/09/08 【中村多聞】

 「タモン式ランニングバック養成所」のクライアントであるノジマ相模原ライズ、そして早稲田大学ビッグベアーズ、その他個人受講者を含めた全ての選手たちがシーズンの第1節を終えました。  試合結果に関しては僕のコントロール下ではありませ...【続きを読む】

常に全力、手抜きを許さない 大切なのは「選手を見る目」 

常に全力、手抜きを許さない 大切なのは「選手を見る目」 

2016/09/01 【中村多聞】

 秋のシーズンが始まり、チーム内の緊張感が高まってきました。そしてよくこんな質問をされます。「タモンさん、日本一になるには僕らはあと何が足りませんか?」です。  選手たちは自身の選手としての価値を向上させることにどん欲で、少しでも...【続きを読む】

まずは選手をよく観察 「コーチ多聞」の夏合宿奮闘記

まずは選手をよく観察 「コーチ多聞」の夏合宿奮闘記

2016/08/18 【中村多聞】

 今年の春シーズンからトップチームで仕事の合間に「コーチ業」を楽しんでいます。この夏は、早稲田大学とXリーグのノジマ相模原ライズの2チームの夏合宿を掛け持ちしました。  楽しいのは、大勢のアスリートたちと雨の日も風の日も、勝利のた...【続きを読む】

「夢の甲子園ボウルに向かって」 フットボール漬けの充実した日々

「夢の甲子園ボウルに向かって」 フットボール漬けの充実した日々

2016/08/04 【中村多聞】

 さて、Xリーグのアサヒ飲料で選手を引退し10年間フットボールに関わらずに暮らしてきましたが、最近毎日のようにフットボール漬けになっています。  土日はノジマ相模原ライズ、平日は早稲田大学でランニングバックスにああでもないこうでも...【続きを読む】

ライター一覧