ライター一覧

中村多聞のTAMON'Sスタイル

中村多聞

中村 多聞 なかむら・たもん

1969年生まれ。幼少期からNFLプレーヤーになることを夢見てアメリカンフットボールを始め、NFLヨーロッパに参戦しワールドボウル優勝を経験。日本ではパワフルな走りを生かして、アサヒ飲料チャレンジャーズの社会人2連覇の原動力となる。2000年シーズンの日本選手権(ライスボウル)では最優秀選手賞を獲得した。河川敷、大学3部リーグからNFLまで、全てのレベルでプレーした日本でただ一人の選手。現在は梅田と西麻布でバーガーショップを運営する有限会社タモンズ代表取締役。

【最強RBへの道】完 「ガッツ」とは、どんなにつらくても継続すること

【最強RBへの道】完 「ガッツ」とは、どんなにつらくても継続すること

2014/06/13 【中村多聞】

 「ハンドオフ編その3」  ▽目線  目線も大切だと偉大なコーチたちから学びました。初心者はつい、つま先のスグ前を見てしまうのですが、視線のヤリどころは遠くであればあるほど良いのです。  クルマやバイクのレース、競技スキーなどでの...【続きを読む】

【最強RBへの道】⑦ 「速く低く、そして自在に」理想の走りを追求せよ

【最強RBへの道】⑦ 「速く低く、そして自在に」理想の走りを追求せよ

2014/06/06 【中村多聞】

 「ハンドオフ編その2」  ▽重心  NFLEで重心についてコーチから学んだ時、そしてマスターした時の衝撃はすさまじいものでした。是非皆さんにも感じてもらいたいと思います。  高速走行する物体にとって、重心の位置は非常に重要で...【続きを読む】

【最強RBへの道】⑥ 「作戦を考えた人」の夢をかなえる

【最強RBへの道】⑥ 「作戦を考えた人」の夢をかなえる

2014/05/30 【中村多聞】

【ハンドオフ】 ハンドオフ練習の時に注意することがいくつかあります。 1) コース 2) 速度 3) 重心 4) 目線 5) タッチダウン の5項目です。 順に説明していきます。  RBにとって、ハンドオフの練習は「理想の走り...【続きを読む】

【最強RBへの道】⑤ RBの仕事は「タッチダウン」をすること

【最強RBへの道】⑤ RBの仕事は「タッチダウン」をすること

2014/05/23 【中村多聞】

 これもNFLE時代に偉大なコーチから教わった事柄を自分なりに噛み砕いて出した結論です。  ランニングバック(RB)は、自分が完全に倒れるかタッチダウンするまでプレーは終わりません(注1)。それなのに練習だからと自分のテキト...【続きを読む】

【最強RBへの道】④ 上手な選手は「Good Eyes」

【最強RBへの道】④ 上手な選手は「Good Eyes」

2014/05/16 【中村多聞】

 ファンブルは味方を敗北に追い込んでしまう、決してやってはいけない大きなミスの一つですが、残念ながらどんな殿堂入りのトッププロでも、選手をしている限りは何度も何度もやってしまうことです。  しかし、ボールキャリアの努力だけでファン...【続きを読む】

【最強RBへの道】③ 他人のプレーを見るのも大切

【最強RBへの道】③ 他人のプレーを見るのも大切

2014/05/09 【中村多聞】

 昔コーチに教わったこんなお話しもあります。チーム練習をしている時に、けがなどでチームプレーができない者に、リハビリ運動や体力トレーニングなどをさせるトレーナーがいるが、それはほとんどの場合駄目な選択であると。  僕の解釈では...【続きを読む】

【最強RBへの道】② 大切なのは良いコーチと巡り会うこと

【最強RBへの道】② 大切なのは良いコーチと巡り会うこと

2014/05/02 【中村多聞】

 社会人チームだと、オールジャパン級や上級者気取りで偉そうにしているセンパイが存在します。真剣にうまくなろうと、がむしゃらにドタバタと頑張るヘタクソに対して単なるイジワルで「お前、何を必死でやってんだよ、こっちがけがしたらどうす...【続きを読む】

新シリーズ【最強RBへの道】① 練習は心と技術を磨く時間

新シリーズ【最強RBへの道】① 練習は心と技術を磨く時間

2014/04/25 【中村多聞】

 NFLやNFLEで、何十人ものアメリカ人選手が僕にこう尋ねてきました。 「オマエ、何回タッチダウンしたことあんの?」って。  ランニングバック(RB)の仕事について、たくさんのコーチやセンパイから数多くのことを学びました。そ...【続きを読む】

大切な「東京のアニキ」 田昌光さんに捧げるバラード

大切な「東京のアニキ」 田昌光さんに捧げるバラード

2014/04/18 【中村多聞】

 引退を決意した理由は「肘が痛くてボールが以前のように投げられなくなった」から。まあ、何ともアッサリしたもんだと思いました。47歳までやってチョット肘が痛いくらいで引退するって意味わかりませんが、本人の問題なので仕方ありません。...【続きを読む】

【TAMON’Sスタイル番外編】実力不足のドイツにがっかり 日本VSドイツ雑観

【TAMON’Sスタイル番外編】実力不足のドイツにがっかり 日本VSドイツ雑観

2014/04/14 【中村多聞】

 新しくなった川崎富士見球技場(旧川崎球場)へ、第2回「ジャーマン・ジャパンボウル」の観戦に行ってきました。  ドイツ代表が惨敗した原因はヘタクソなことも含めて、実力が不足していたからです。「フットボールはタックルとブロックを...【続きを読む】

ライター一覧