1998年10月18日。Xリーグ西日本の秋季リーグ4戦目、僕たちアサヒ飲料チャレンジャーズの相手はサンスター・ファイニーズです。2カ月前まで僕が所属していたチームとついに試合をする日が来ました。


 試合会場はいつも通りの長居球技場(現キンチョウスタジアム)です。僕がサンスター所属時代は、オフの日に仲良く草野球やバーベキューなどで遊んだ友人たちが「敵」となるわけです。
 それどころか、急なチーム移籍の事情を公にしたのは、今回のこの「TURNOVER」が初めてで、周りのほとんどの関係者には、移籍の理由は「タモンの気分」「タモンのワガママ」「タモンの気まぐれ」と思われていたはずですので、いわゆる「裏切り者扱い」だったわけです。


 会場入りの際に顔見知りに笑顔で「ウイース、久しぶりー!」なんて軽口で近づいてもジロリとにらまれて無視です。
 あららら。そんな感じね。なるほど。ということは、今考えればサンスター守備は「裏切り者のタモンだけは走らせるな!」みたいなモチベーションでコーチがペップトークしていたのかもしれません。


 前回キチンと仕事をしたからか、今回もスターティングメンバーに抜擢されました。この試合でサンスターに対して、海外プロ経験で身につけた全てを発揮(反映、表現、何か適切な言葉ありますでしょうか?)したくてたまらない僕は、これまで以上に平日から体調を整え準備万端で当日を迎えました。お天気にも恵まれ、ほどよい気温で最高のフットボール日和です。


 試合が始まりサンスター守備陣がすごい気合いです。我々に良いプレーを全くさせてくれません。キッキングで取った1TDだけのリードで前半を終えました。7―0。
 後半に入り14―0になったところでサンスターが得点しました。一緒にやっていた時は存在が邪魔で邪魔で仕方なかったスーパーランナーであり僕にとっての目の上のたんこぶ、神戸大OBの井場がやはり一発ロングゲインTDで追い付いてきました。


 14―7。アサヒ飲料サイドに緊張が走ります。サンスター側は盛り上がっています。アサヒ飲料は勝ち続けてはいるものの、逆転につぐ逆転で接戦をものにした経験はなく、いつもリードを奪ってからの勝利でしたので「ヤバい!」という時間を経験していません。
 もちろん僕もトップリーグでマトモな戦力として働くのは初めての経験ですので、逆境に耐える精神力は備わっていません。


 なおかつ昨年度の「アサヒビール飲料ワイルドジョー」から今年の「アサヒ飲料チャレンジャーズ」に変わってから、公式戦(春のトーナメント)で唯一黒星を喫した相手がこのサンスターです。
 前年度プレーオフ出場の試合巧者にこのままやられてしまうのか―。気まずい空気がベンチ内に漂います。


 試合前の練習場で「サンスターオフェンスのプレーブック(作戦の書いてある資料)が3年分ほどあるけど必要か?」と、守備リーダーの上田(現IBM)に一応聞いてみました。
 僕がNFLヨーロッパに行っている間に作成された例の分厚いものも含んでいます。僕が全く覚えられずクビになった原因となったアレです。


 当時のXリーグは移籍という文化がそれほどなく、プレーブックの回収なども厳格ではなかったのでこのようなことが有り得たのです。
 しかし上田は「それはやめておきます。見たいけど駄目。それは男らしくない」とあくまでスポーツマンシップを貫きました。


 しかしこのヤバい状況、無理やりにでも見せておけば良かったと僕は後悔しますが後の祭りです。
今僕ができることは、残された時間内に少しでも前に進んでスコアするだけです。
 まだ当時は新入部員ですのでリーダーシップもなく、単に年長のレギュラー選手という立場でしたので、みんなを鼓舞して盛り上げるなんてできません。


 試合終了まで残り2分。これまで何が何でもインサイドに切れ込む走りに徹して来た僕に色気が出ました。
 「右のパワーオフタックル」とコールされハドルが解けた後、FBの進藤(東海大OB)が「中にブロックするから」と合図して来ました。僕らはニヤリと笑って構えます。


 この試合、ここまでで僕がボールを持った18回でたったの一度もボックス(両攻撃タックルの間)の外側に出ず我慢していましたが、ここで解禁です。
 「今回も中に切れ込んで時間を消費しようとする」と予想したサンスター守備陣はインサイドにタックラーが集まりました。それを見て進藤が打ち合わせ通りいつもと逆方向にブロックし、僕は外に「バウンスアウト」したのです。


 そして35ヤード先のエンドゾーンに飛び込んで21―7。アサヒ飲料の西日本初制覇が決まりました。クビにされたチームに勝って優勝が決まる。うれしすぎます。
 選手時代に多くのTDをしましたが、この時のTDも「うれしいTDのトップ5」に入るものとなりました。


 試合で活躍した翌日のスポーツ新聞に「中村多聞」の文字や写真がデカデカと載り、いよいよ「社会人王者」という夢のまた夢の世界で輝いていたトロフィーがだんだんと見えてきました。


 こんな調子でトントン拍子な20世紀末を楽しく過ごしていました。長かった下積み時代の鬱憤を晴らすような活躍を一気に味わって最高の気分です。
 個人的なリベンジも果たし、チームからの期待にも応える楽しさとスリルにどっぷりつかるのでした。

【写真】1998年のサンスター戦。中に切れ込むと見せて外側へ展開しTDを挙げた多聞さん(27)=写真提供・中村多聞さん