試合もロクに出られない選手じゃ、当然パッカーズとの契約延長は成立せずそのまま日本に残留することになり、その日の夕方には川崎球場(現・富士通スタジアム川崎)で日本代表の最終ミーティングに参加です。
 日本協会が用意してくれた川崎球場近くのホテルに宿泊。明日はフィンランドとのゲームではありますが「日本人初のNFLをクビになった男」という人生最大の悲しい出来事の直後ですから、気の合うプレーヤーとビールを飲みに出かけました。


 この試合の数日前に外国人記者からパッカーズの選手として取材を受けていました。「ミスターナカムラ、今度戦うフィンランドチームをどう思いますか?」と。一度だけビデオを見たのですが、キッチリしたフットボールをしておらず、体は大きいがヘタクソな印象だったので「70対0で日本が勝つ」とコメントしました。


 東西の社会人が集結し、当時の日本では最強のメンバーがそろった初の「日本代表」ということもあり、当然このコメントは物議を醸しました。
 フィンランド代表チームもとても怒っており、前日練習でも僕に対して集団でかなり過激なことを言っていました。
 そりゃまあそうでしょう。日本側からも「おい多聞、こういうコメントは困るぞ」なんて注意を受けたような気がしますがあんまり覚えていません。


 で、結局試合は日本代表が終始圧倒。前半だけで29−0。僕の予言は当たりそうでしたが後半は日本代表が〝武士道精神〟で無理に点を取りにいかずチャンチャンで試合終了。僕は昨日の脳震とうが響いたのか、ほとんど活躍できずに大量の汗をかくだけで終わりました。
 そして試合後のインタビューでフィンランド代表の監督から「今回イチバンの先生はナカムラだった」というコメントを頂戴しました。


 これで日本~ドイツ~アトランタ~ドイツ~ヨーロッパ転戦~日本~グリーンベイ~日本と飛び回った僕の1998年ワールドツアーは終了です。
 出発前よりも50倍ほどランニングバック術が上達した僕は「サンスター・ファイニーズ」に戻り「エックスリーグで大暴れしてやるぞー!」と意気揚々で大阪に帰り、元の建設業のサラリーマンに戻りました。


 するとすると、家のファクスにサンスター・ファイニーズから「クビ」という文書が送られてきました。理由は発売中のタッチダウン誌(1998年9月号)における僕のコメントだと。
 「日本では作戦面の○と×でとても困惑していたが、アメリカ人は強くて速いことが基本。頭の問題はあとで付いてくるのでやりやすかった」なんて内容でした。4人での対談だったのでつい本音が出てしまったわけですが、怒るのも無理ないですね。


 「大変なことだ!」と仲良しのメンバーに相談し、とりあえず謝ろうということになり「辞めたくはないので練習に行かせてくれ」と謝罪し練習に参加しましたが、春の間チームから離れていた僕はプレーコールを知りません。
 「全部覚えてきたら参加させてやる。それまでは横で見てろ」と言われションボリ。渡された資料はA4で厚さが3センチ以上。こんなのすぐに覚えられるわけがありません。


 また先ほどのメンバーでミーティングし「もう移籍しかない。昔からずっと誘ってくださっている義政監督のチーム(ブラックイーグルス)に行く」という僕の思いと皆の意見は違いました。
 「それもいい考え方や。でもせっかくNFLまで行ったんやから優勝できるチームでやって日本一になれ。パナソニックには入れないんだから、今ならアサヒ飲料しかない」とアドバイスを受けました。


 そんなある日電話が鳴りました。「あ、ナカムラくん? この前東京でお願いした件やけどいつ時間ある?」と。アサヒ飲料の新ヘッドコーチ藤田智さんからです。
 そして会う約束をしました。僕の家の最寄り駅近くの居酒屋でNFLヨーロッパやグリーンベイのことなどいろいろな話をしました。


 僕の話をノートに書き続ける藤田さん。一方サンスター側は「アメリカ帰りなど関係ない。プレーを覚えるまでダメだ」となれば僕の気持ちは完全に傾きます。
 藤田さんとの時間が終わろうとする時に「実は昨日サンスターをクビになったんですが、藤田さんのチームでは新人の枠はまだ残っていますか?」と切り出しました。
 「えー、何それ? ウチはまだギリギリまで枠を残してあるよ。来てくれるならチームと相談するよ」というご回答。この偶然が重なり合った奇跡の出会いとタイミングで、この後の僕の選手人生が大きく変わるのでした。

【写真】フィンランド代表との試合で、日本代表の一員として出場した多聞さん