「タモン式ランニングバック養成所」のクライアントであるノジマ相模原ライズ、そして早稲田大学ビッグベアーズ、その他個人受講者を含めた全ての選手たちがシーズンの第1節を終えました。
 試合結果に関しては僕のコントロール下ではありませんので置いておき、選手それぞれがどのように取り組めたのか、どのような結果を残せたのかが僕にとっては重要になります。


 ノジマ相模原ライズの教え子は、好機に恵まれずボールキャリアとしての大活躍は見られませんでした。幾つかある訓練中の課題でうまくいったこともありますし、もう少し頑張る必要があること、それぞれありました。
 早稲田大学ビッグベアーズでは、多くの選手がボールキャリアとしての出場機会を得、皆がそれぞれ自分の今できることを精いっぱい発揮できたのではないかなという印象です。


 ビデオでの検証も済み、次節に向けての課題が出てきました、という感じです。いくら僕でもシーズン序盤で「完璧な出来だった。これなら全国優勝間違いなしだ」なんて、のんきなことを思うはずがありません。


 さて、やはりここは僕のコラムですから2チームの取材ではなく僕自身の考えを書かねばなりません。
 ここ10年ほどフットボールに関わらず、今年から急に動き出した僕の「フットボール現場の脳みそ」ですが、僕の持っている理屈をただアウトプットするだけで選手が上達するのは最初だけです。
 その後、本当に身について一皮も二皮も剥けるためには「どのように伝えるか」がとても重要だと思うようになりました。


 同じチーム内でも選手一人一人で考え方や性格、経験値、脳みその容量や解析速度が違います。当たり前です。その一人一人になるべくフィットするような「コーチング」ができているかと言えば完全に「NO」です。新米コーチにそんな器用な事が出来るはずありません。
 今はまずそこに「コーチタモン」としての壁があります。伝える内容に加え、言い方やタイミング、頻度などなど、ポイントはいくつもあります。


 「一気に全てを教えて分かる人だけついてこい」という教師やコーチに最も悩まされたのが若き日の僕自身です。もちろんそれについて行けた試しはありません。
 いつも失敗し落伍者としてさまよっていました。たまに現れる良き理解者がグイッと引っ張り上げてくれるという強運を持っていたのが、僕の一番の特徴だと言えます。


 選手全員の良き理解者、とまではいかなくても「ランニングバックのことならタモンコーチに聞けば少しは解決に近づくよな」と思われるために何をするべきか。この考えが毎日毎日僕の頭を駆け巡ります。
 「この感覚は何だろうな? 前にもあったぞこういうの」と考えていたら思い出しました。そうです。選手時代に悩んでいたそれと同じ感じなのですね。


 自分はこれからどういう努力をすれば上に行けるのか。「何をすれば多くの人に認めてもらえる選手になれるのだろうか」と悩み続けた20代の頃にソックリなのです。


 現在の生業は商売ですので「どうすればお客様が増えるのだろう?」「どうすればお客様が喜んで下さるんだろう?」と悩まねばならないのに、そっちがとても疎かになっています。
 考えることは「A君はアレが苦手だ。どうすれば克服できるのか」「B君はココをもう少し向上させなければならないがどう伝えれば良いのか」といった感じで「選手たちが相手の守備を支配するにはどないしたらええねん」ばかり考えています。


 人ごみを歩く時には他人様の進行方向と速度を読みつつ、これが試合ならどの角度で進めばタックルされても大きなダメージにならないかとか、この死角から出てくる敵に対してこの視野で進めば大事故になるな…とか延々とそればかりです。15年前と全く同じです。
 まるで昔に戻ったようで、毎日に張り合いがあり非常に充実した時間を送っています。なおかつ、自分では涙のトレーニングをしなくていいのです。練習や試合ごとの重圧もありません。


 コーディネーターや監督などは、シーズン中に寝る時間すらありません。常に敵チームと自チームの情報を収集し解析し作戦を考案。不測の事態にも対応できるようにあらゆるケースにBプランを用意します。
 その点、僕のような技術コーチというのは楽な稼業です。頭の中で選手に伝えることを考えているだけでいいのですから。


 そしてそんなことを言っているうちに正味あと3カ月で結果が出てしまいます。練習時間が限られる社会人は経験値が有り、少ない反復練習でも効率よく吸収します。
 反対に学生さんは経験値が少なく効率が良くないケースでも、豊富な時間があるので徹底した反復練習の量で最後には帳尻を合わせてきます。


 「結果は努力の量」というのが頑張る時の僕が大切にしている言葉です。選手らはあらゆる犠牲を払って最大限の努力をしているのですから、僕も努力を惜しむわけにはいきません。みんなには何とか大切なシーンでしっかりと活躍して試合を支配してもらいたい。僕の知っていることは全て出していきたいと思います。
 今のままでは選手と関わる時間そのものが足りていませんので、もっともっと関わっていきたいと思います。みんな頑張れ!

【写真】山中湖で行われた早稲田大学の夏合宿に参加した多聞さん