〈6月21日〉
 昨夏、このコラムに書いた長女とのショートトリップ「父と娘の夏合宿2015」を終えた後、秋からアメリカの大学に行ってしまった娘が1年の勉強を終え、夏休みで帰国しました。朝の5時前に到着する便だということで、父親らしく羽田に迎えに行きました。


 10カ月ぶりに会う彼女は、アメリカでよほど楽しい暮らしをしていたのか、幾分横に「デカく」なっていました。話を聞くと、勉強は毎日大変だがとても楽しいそうです。


 そして今年も「父と娘の夏合宿2016」を開催しました。今回は全ての移動を縁あって日産自動車から協力を得て、ガソリンを使わず電気100%の自動車「リーフ」を使わせてもらいました。
 このクルマ、日産の各ディーラーの店頭に備えついている充電器を渡り歩けば永遠にエネルギーを確保でき、どこまでも走行できます。


 30分ほどかかりますが、一度の充電で200キロ走る上に、会員にさえなっておけば基本は無料。ガソリンを燃料に走っているクルマが恐ろしく旧式に見えてきます。
 充電スポットがわかるようになっている特殊なナビゲーションを使って、東京から大阪まで行ってみることにしました。


 〈6月23日〉
 そんな電気自動車を駆って長女と二人で東京を夕方に出発しました。1日目は沼津まで。そして2日目は一気に大阪です。
 高速道路を使うともちろん日産のディーラーはありません。試しに高速道路内のサービスエリアで充電してみると1500円以上かかりました。高速代がかかる上に充電代もかかるなんて許せません。そういうわけで我々は国道で西に進みました。(本日の走行距離155キロ)


 〈6月24日〉
 何度も充電をして、大阪の僕が経営する店に到着すると、沖縄から出てきた次女が待っていました。
 彼女も姉とは10カ月ぶりですので感動の再会です。いやー素晴らしい。ここからは「父と娘二人の夏合宿2016」に名称変更です。


 この日は父と母が住む家に行きました。実家と表現しないのは、最近引っ越しただけの住まいなだけで、僕が幼年期に育った家ではないからです。
 中村政雄(タモンの父)は孫が二人も急に家に来てうれしすぎて大興奮。いつもより飲み過ぎてしまい、酔った勢いで「おじいちゃんそろそろ寝るわね、おやすみ」と孫が言ってから同じ小話を5回も繰り返したのは内緒です。(本日の走行距離430キロ)


 〈6月25日〉
 翌日は僕の青春時代を彩った「浜寺水連学校」の110周年記念式典に出席。中には40年ぶりに会う先生もいらしたりして、刺激的な同窓会でした。
 小学1年で入学し、3年生で卒業。4年生から先生の免許を持つも「仕事」や「指導」などできるはずもなく、マゴマゴして諸先輩方に叱られるどころか可愛がられる日々でした。そんな可愛く小さな「ミニタモン」しかご記憶にない先輩方をガッカリさせてすみませんでした。(本日の走行距離80キロ)


 〈6月26日〉
 たまたま開催していた「尼崎ボウル」を3人で観戦。古巣アサヒ飲料チャレンジャーズとゴリゴリ大学のチームメート板井氏が率いる関西大学の試合です。
 お客さんはたくさんいらしてました。この後、仕事もある上に零封されていたので最後まで見ずに帰りました。新外国人選手の活躍が楽しみです。(本日の走行距離75キロ)


 〈6月27日〉
 陶芸の師匠である吉岡萬理さんの奈良にあるアトリエを3人で襲撃し、東京の新店舗用に作成していただいた超A級の器を大量に入手しました。
 電気自動車のトランクいっぱいに積み込み、伊賀上野までのんびり走って宿泊。ディナーに行ったお店は、お客は我々だけなのにスタッフが7人もいてみんながニコニコしてくれるインド料理店。ものすごい量なのにお会計は激安。忍者の村でインド料理。ごちそうさまでした。(本日の走行距離155キロ)


 〈6月28日〉
 「高速道路をなるべく使わない」がテーマの今年は「父と娘の3人夏合宿」ですが、やはり一般道だけというのは大変です。
 朝からずーっと走りっぱなしでもなかなか距離を伸ばせません。トランクには貴重な食器が満載ですので乱暴な運転もできません。


 名古屋を越え浜名湖を過ぎたあたりから日も暮れてきました。今日は大井川近くの牧之原で宿泊。ホテルのフロントで「地元のおいしいお店を教えてください」と尋ねると、「ここは地元の人もみんな行くハンバーグレストランです」と、とても親切に教えてくれたお店は、大手チェーンのハンバーグファミリーレストランでした。でも、お嬢さん二人はとてもご機嫌でした。(本日の走行距離295キロ)


 〈6月29日〉
 天気が悪くて景色はイマイチでしょうけど、3人のミーティングで富士山に行こうと決まり、とりあえず向かいました。
 曇っていて麓まで来ているのに富士山はまったく見えませんが、満タンに充電し5合目まで行きました。到着して思い出しましたが、約30年前の高校時代に大阪からオートバイでツーリンに来た場所でした。
 食堂の形も変わっておらず懐かしい気持ちでいっぱいになりました。富士山っぽいお土産を確保し、下山。今日は山中湖に泊まります。


 飲食店が多くある河口湖まで遠征し焼き鳥とビールを堪能。酒酔い運転になるところですが、長女は既に19歳。アメリカで免許を取得し国際免許を持って帰国しているので、運転経験はほとんどありませんが「運転手」として採用です。
 他にも少し眠い時など運転を交代してもらいました。赤ちゃんだったのにあっという間にクルマの運転ができるようになってるんやなー。(本日の走行距離220キロ)


 〈6月30日〉
 月末は零細企業経営者にとってはなかなかタフな時期です。銀行に入れた大金があっという間にスッカラカンになる日です。
 そんな日ですから旅行気分に浸れないので「父と娘の夏合宿2016」は今日で終了です。富士山に来ているんだから「ほうとう」を食べようとせがむ次女を無視して朝から大手牛丼屋へ。猛ダッシュで東京へ戻り社長の仕事を済ませました。
 そしてその後は「タモン式ランニングバック養成所」のレッスンを2時間ほど。終えてゴリゴリバーガーの新店舗で作業をし、一日が終わりました。今日はちょっと長い一日でした。


 数日後、娘たちは沖縄に帰ってしまいました。僕は彼女たちがまだ寝ている早朝に「タモン式」のレッスンに向けて出発したのでバイバイはできませんでした。


 レッスンから帰ると彼女たちの大荷物と布団で満タンになっていたワンルームの狭い部屋はきれいに片付けられていて、もの哀しくガラーンとしていました。
 楽しい時間はすぐに終わってしまうのは世の常です。広くなった床に座ってコンビニで買ったインスタントラーメンを食べてさみしく寝ました。次はいつ会えるかなー。(本日の走行距離250キロ)

【写真】2人のお嬢さんと楽しい日々を過ごした多聞さん