今回は「アメリカ人選手(以降アメリカン)と日本のフットボール」というお題で、勝手に未来を予想してみました。


 9月半ば、エックスリーグは第2節が終了し、エースQBにアメリカンを擁するチームが勝利している状況となりました。強肩な上にコントロールやタイミングも申し分なし。フィールドいっぱいに広がった味方レシーバーにガンガンパスを投げ込んで大量得点します。
 しかしながら、現在のエックスリーグで猛威を振るっているアメリカンたちが必ずしも米国でも選りすぐりのトップ選手ではありません。日本のルールではプロフットボール経験者は登録できないとなっているので、「元プロ」は不可で、「プロ級」はOKという図式だと記憶しています。


 ただし、米国内には途方もない人数の「プロ級でフリーター」な若者が存在します。今後もお金やリクルーティングのコネクションがあるチームがアメリカンをたくさん雇ってくることでしょう。いつか本物が日本でプレーする日がくるかもしれませんが、はっきり言って「危険」です。とても危険です。


 さて、それでは今後の日本フットボールはどうなっていくのか? と考えてしまいます。希望ではなく大まかな感じですが5つのパターンで予想をしてみました。


①アメリカンの参加は一切禁止にする鎖国
②今のままプレー参加は2人までを貫く
③アメリカンの参加人数の制限を緩和するが基本は日本人中心
④アメリカンをガンガン入れてルールも変更してレベルアップを目指す
⑤ガラッと丸ごとそもそもの仕組みを変える
というところでしょうか。


 まず①を検証してみましょう。少し前と同じく日本の大学でやっていた選手だけに戻す。なぜか? 日本のフットボールが打倒NFLに向かうのであれば鎖国しては未来などありません。しかし、そうでないなら日本人だけで今までのようにやっていればいいのではないかと思います。


 次に②ですね。どういう根拠で「アメリカン2人枠」を導入したのかは存じませんが、日本のプロ野球に準じているのでしょうか。現在のエックスリーグでは丁度いいルールではないでしょうか。
 ただし、やはりリーグ内の対戦チーム全てとパワーバランスが取れているようには見えません。ゴリゴリのアメリカンに猛スピードでサックされる寝不足のクオーターバックが気の毒でなりません。


 対戦チーム側にも同数のアメリカンが出場している必要性を感じます。2人枠でやるなら「キッキングゲームには参加できない」などの一定のレベルに達していない日本人選手の健康を守るルールの制定も必要になってくるのではないでしょうか。


 次に③です。2人枠ではなく5人になったとしましょう。QB、RB、WR、TEがアメリカンだと止まらないですね。
 アメリカンのいないチームだと300点入れられてしまいます。攻撃ラインが全員アメリカン。これだとどんなヘタクソRBでも毎回ビッグゲインできそうです。
 守備なら5人が守備バックだったとしたら、ぜんぜんパスが通らないでしょうなー。たとえ通ってもスグに猛烈タックルを食らってけがをしてしまいそうです。
 ま、ポジションは無数のバリエーションがありますからいろいろな考え方があるでしょうけど、半数近くがレベルの違うフットボールをするとちょっと危険ですね。


 ④は強ければいい、というチーム作りにしてプロ契約可能などルールが緩和されると、日本人選手を育てたりスカウトするよりもアメリカンをジャンジャカ輸入してしまえばチーム作りの根幹が変わります。  日本の大学では選手が育たなくなり、エックスリーグでプレーしたいと思う大学生が激減。少子化とのダブルパンチで大学側が選手を必要としないので高校からの推薦入学も廃止になります。フットボールで優秀な成績を残しても進学できないとなれば競技人口が減り、日本では「やるスポーツ」ではなく完全に「見るスポーツ」となるでしょう。


 ⑤はリーグ再編。伝統のアマチュアスポーツ仲良しこよしを捨て、興行として成り立たせ、子供たちが夢を見られる組織や選手を作ることを前提に、リーグの運営をプロに委託し、サッカーのJリーグのようにしっかりと国や政治、地域を巻き込み、強い弱いうまいへたも重要ですが、しっかり集客して選手のモチベーションを向上させつつ世界選手権で「いつかは打倒NFL」を掲げ、最良なアメリカンの利用方法も含め、日本フットボールが向上していくために最も良い道をスポーツビジネスのプロが本気で探り研究し実践することが必要になります。


 数年前にIBMの山田晋三ヘッドコーチが、アメリカンQBを輸入してエックスリーグは震えあがりました。そして今や数人のアメリカンQBがブンブンパスを投げまくり、過去の記録を塗り替えまくっています。
 このような事態になるとは、10年前には誰も想像できませんでした。10年後20年後の日本フットボールはどうなっているんでしょうかねー!

【写真】オービックのDEケビン・ジャクソン選手