日本の社会人フットボール(Xリーグ)は終盤戦です。生き残っているのは6チーム。そして今週末のゲーム結果でファイナルステージに進出できる4チームが決まります。楽しみですね。


 残っているのは
◯富士通フロンティアーズ(外国人QB)
◯LIXILディアーズ
◯エレコム神戸ファイニーズ(外国人QB)
◯オービック・シーガルズ
◯パナソニック・インパルス
◯IBMビッグブルー(外国人QB)
の6チーム。


 そのうち、攻撃というかチームが勝利するための核となるQBにアメリカ人選手を起用しているのが3チーム。なんとトップチームの半分がアメリカ人に攻撃を任せているのです。
 で、このアメリカ人QBは、本国ではプロにも入れるほどのかなりの本物だったということですので、僕なりに検証してみます。


 「おいタモン、あのアメリカ人QBはどうなのよ?」なんてお店で聞かれることがとても多い日々ですが、まず僕が知っている「アメリカ人QB」という怪物たちの実力はこんなもんじゃありません。「どうなのよ?」なんてレベルじゃなく「アメリカ人はえげつないな。日本じゃ反則やで」となるべきなのです。


 子どもの頃から地元じゃスーパースター。中学で大活躍し、高校でも引く手あまただったことでしょう。そして高校で圧倒的な活躍を見せ、いくつもの大学からスカウトが来て、自分の好みに合う監督や環境を吟味して進学。そしてまた活躍しプロへの期待を背負い…。


 何万人といるフットボール競技者の中で、完全な「勝ち組」なのです。最終的に日本に来ているということは本国のプロには行かない、行けない何らかの事情があったにせよ、そんな彼らが本領を発揮すればXリーグの守備に対して得点できないシリーズなど存在するはずがないのです。有り得ないのです。
 しかし、実際には試合に負けたり攻撃が行く詰まりパントを蹴るなどということもしばしばです。


 彼らほどの選手がこの程度しか活躍できていないことを、僕を含めた日本のフットボールファンは残念がっておられることでしょう。


 アメリカ人QBのすごさは、パスの勢い、コントロール、タイミング、ハンドオフやピッチ、いつどんな時に何をやらせても机上のイメージのままピッタリ遂行できることです。
 なおかつ、子どもの頃から鍛えられ洗練されてきたリーダーシップ(日本人の上司みたいに本を読んで勉強したイビツなリーダーシップじゃありません)にキャプテンシー、声の大きさ、けがに対する強さ、心の強さ、フットボールIQも桁外れです。


 それだけでなく、日本人フットボール選手と違い、上級生が抜けたから「はい、今年からレギュラー」みたいな甘い道程を一度も通ってきていません。並み居るライバルたちを何百人もなぎ倒して踏みつぶしてつかんできた地位なのです。


 そんな人たちが本気で遠慮なく実力を発揮するには、受け手であるレシーバー陣や、その他の周りのメンバーの能力にかかっています。
 日本人レシーバーが走るコースに捕球可能なボールが飛んで来る場合、過去のデータからあらゆる可能性を割り出して守備選手は備え、必死で守ります。ですから、そこは日本人対日本人の対決です。ただ、このタイミングやコースがディフェンスラインの頑張りやブリッツの成功で、少しでも狂ったり違ったりした場合に全ては変わります。


 そんな時、QBは予定していた投げ場所から大なり小なり移動せざるを得ません。QBが動けばレシーバーたちに求められるコース取りも、元の作戦通りというワケにはいかず、臨機応変にベストな対応をしなくてはなりません。
 ここから日本人とアメリカ人の違いが大きく出ます。日本人のコーチに、この先を指導できる人がそんなにたくさんいるとは思えません。


 ですからアメリカ人QB自らが、事細かくリクエストという名のアメリカじゃ誰でも知っている当たり前のことを、日本人に「初心者指導」をせねばならないのです。
 フットボールIQの偏り方、できることとできないこと、知っていることと知らないこと、アメリカ人からすると不思議で仕方ないことでしょう。「こいつ、あれだけのキャッチ力や闘志があるのに、なぜこのスクランブル時に何も考えずフワーッとフィールドを走っているの?」「なぜそんな場所で手を振っているの?」「そこじゃないよ。もっとこっちだよ! なぜわかんないの?!」と。


 子ども時代にバスケットやサッカー、ハンドボール、ラグビーでもなんでもいいです。選手の考えで試合が流れ、味方選手が動きやすいように、パスが出しやすいように、どうすればいいのか? どこで待てばいいのか? どこに行けばいいのか? を考えてスポーツした経験があればもう少し違うハズです。


 ハイレベルなスポーツを未経験で入部して、10ヤード真っ直ぐ走って振り向きなさい。そうすればボールが飛んできます。それをしっかり捕りましょう。競技人口の少ないフットボールですから、落とさず捕れるようになればスグに戦力です。


 大したことのないコーチか先輩にとりあえず習ったレシーバーの仕事は、アメリカ人の本物QBが残り時間わずかな逆転のチャンスに守備から逃げながら緊急発進した時の「多様性」と「絶対的なルール」をイマジネーションすることなどできません。


 ポンポンと速いテンポでパスが通りまくるうちはアメリカ人QBと日本人レシーバーの練習通り、作戦通りです。そしてひとたび守備側の対策が生きてくればパスは全然通らなくなります。


 理由は守備の対策を上回る「個人技術の知識」が少なすぎるためです。守備のパスを守るフォーメーションが3人だから、4人だからというような理屈で全てを片付ける習性のコーチは、「最後には個人の技量がモノを言う」という大前提をおろそかにし、見失います。
 守備がピッタリとマークしているような所にパスを投げ、技量だけでその難しいパスをもぎ取るという最高レベルのギリギリ勝負を知らないし、理解できないのだから仕方ありません。そしてパス失敗やインターセプトを恐れるあまり、いつからか日本のフットボールがつまらなくなったのです。


 少しのアメリカ留学と日本の先輩に習ったフットボール学のプライドを捨てて、本物の最新情報を持つアメリカ人QBに全てを託し、2人か3人のレシーバーに「あうんの呼吸」「ツーとカー」の一かけらでも教え込ませて面白いフットボールをポストシーズンで見せてほしいです。


 個人的な技量はみなさん素晴らしいものをお持ちだと思いますが、トップ選手は期待に応えてナンボです。回数や距離と違います。肝心な時にヤルかヤラナイかです。
 決勝戦で80点取るとか、彼らなら可能なはずですけどね。

【写真】ルイジアナ工科大で活躍した富士通のQBキャメロン=撮影:Yosei Kozano