自分では24時間365日、とてつもない量の運動や練習、体やフットボールについての勉強をやり続けているつもりなのですが、チームの水準から見るとまだまだ「ホケツ」のレベルのままです。


 そして「レギュラー&スター組」といえば、ほとんどの選手が「昔取った杵柄」でプレーしており、テレビで見たスター達は昔ほどではありませんが、もちろん僕なんかよりはるか上のレベルでフットボールをされています。


 しかし冷静に考えれば、「これはいったいどうしたことか?」となります。彼らは練習で集まる毎に、遊びの企画を話し合い、合コンやナイトクラブでの楽しい日々を語り合っています。
 僕は年に数回、試合後の打ち上げのような会だけには参加していましたが、日常彼らと遊んだりした経験はほとんどありません。極端に表現すれば、彼らにとってフットボールも楽しいことの一つ。趣味であり特技なので他の遊びよりは熱心に取り組むが、僕から見れば真剣味が全然足りていません。


 彼らを一流選手、われわれを三流選手と定義づけるとこうなります。
 一流は能力が落ちないように維持しているだけで向上していない。関学OBの埜下雅基さんは、練習前にいつも「今日もうまくなって帰ろな!」と全員におっしゃっていましたが、一流選手の大半は、毎日うまくなっているようには見えませんでした。


 しかし三流は一流と練習場で触れ合うだけで能力が上がります。見たことも聞いたこともない用語や練習方法を知り、必死で反復するからです。努力すれば彼らに近づくことを体感できるので、自分が伸びることが楽しいのかもしれません。
 また、一流は仕事も遊びもしっかりやる。でも三流は遊ぶと選手としてオシマイになるので脇目も振らずレギュラーを目指します。


 遊んでばかりで努力をそれほどしない(ように見えている)一流選手達に何年間も何年間もあこがれて、彼ら以上に彼らの出場しているテレビで放送された試合のVTRを何度も何度も繰り返し見て、そしてようやく横でフットボールをさせてもらえているのに、彼らのアタマの中には「勝利」や「優勝」「努力」「根性」というような物がないということに気付いたのです。知ってしまったのです。
 少なくとも「負けたい」とは思っていませんが「どんなにつらくても、どんなにしんどくても、優勝できるなら何だってヤル!」という気概はありませんでした。


 チームに所属しているのは「楽しいから」。気の会う仲間と高いレベルで競技して、テレビや新聞、雑誌に載るわけですから心地も良かったでしょう。
 しかし既に関東の強豪チーム(オンワード、アサヒビール、鹿島建設、富士通、リクルート、日産など)とのレベルの差は埋められないほどになってしまっていることに、誰も目を向けない風潮になっていました。ましてやWESTにはマイカルと松下電工が立ちはだかっているのです。


 尊敬する一流選手達は、一般のお父さん程度にしか重量挙げもできず体力もありません。スプリント走も持って生まれた能力だけでやっています。得手不得手はもちろんあるでしょうが、ほとんどの一流選手が必死の努力をしていない。コレには本当に驚きました。
 でもフットボールはうまいので、試合ではわれわれ三流選手よりはるかに頼りになるし良いプレーもします。
 コーチのとっさの判断で、練習をしていないプレーでもそれなりに理解してそつなくこなします。「何をどうすれば僕もあんな風にうまくプレーができるようになるんだろう?」「コーチに頼ってもらえるようになるんだろう?」と悩み続けます。


 そして僕なりにこの環境にそれなりに慣れてきたので、3軍から2軍、1軍半くらいまで登ってきました。試合にも少しはローテーションで出場させてもらえるようになってきました。
 2年目のシーズンが始まり、コーチが代わって方針が変わり、日曜日の練習が家族サービスの時間を増やすべきだとか言う理由で、休みになることが増えるという話になりました。
 それでなくとも平日の夜はあまり人が集まらず、全体練習に支障を来すことが多かったのに、土日のどちらかを休みにするとは、練習量が格段に減るので僕らの上達が遅くなることは明確です。


 走る練習、ウエートトレーニング、フットボールの練習、メンタルトレーニング、ニュートリション、あらゆる可能性に賭けていた自分のやり方を、この機会に変えてみようと思いました。
 チームでイチバン重りが挙がっても情熱があっても、試合に出て活躍することとは全く違うわけで、結局はフットボールの理解度がチームでの最重要項目だと自分の中で決めてしまいます。


 そこでウエートトレーニングなど全部やめて「ボクシング」を始めることにしました。
 たまたま知り合いに当時のWBA世界フライ級チャンピオン山口圭司氏がいたので、彼に尋ねてみたところ「ジムに来てもらったら僕も教えますよ」と言ってくださいました。
 なので早速、元プロボクサーで俳優の赤井英和さんも所属していた、大阪の下町にある「グリーンツダボクシングジム」に入会しました。


 そこには僕と同い年の元世界チャンピオン、2階級制覇の井岡弘樹氏もいて、ジムの中はフットボール場に足らない「ヤル気」「根性」「優勝、勝利への意欲」がみなぎっていました。
 ギラギラした情熱であふれかえっているのです。中学生が世界を見て真剣に取り組み、選手全員が全力で限界に挑戦し続けているという環境は、当時の僕が最も欲していた環境の一つだったのかもしれません。


 そういう所に身を置くことで、甘えていた気持ちや感覚がまたビシッと引き締まりました。そしてもう一つ、ボクシングに期待していたのは、とても速い速度で体を動かし、なおかつ強く動く。
 両手でのコンビネーションは、全てのスポーツの中で最速であり、そのためのトレーニングを考えただけでワクワクしてきます。当然試合も練習も過酷です。
 「この動きが身に付けば、ランニングバックとしてまた一枚も二枚も上に上がれるんじゃないかな?」なんて考えました。
 「フットボール鷹」は、合気道を習得して走りに磨きをかけましたからね。

【写真】サンスターのジャージー