そして、いろんな事情があって3シーズン過ごした関東を離れて出身地の大阪に戻ることにしました。
 練習見学に寄せていただいた強豪の「サンスター・ファイニーズ」が入団を許可してくださったのです。当時のヘッドコーチ(HC)だった京大OBの島貫さんは快く僕を迎えてくださいました。


多聞「はじめまして。本日は見学に来ました。よろしくお願いします」
島貫HC「ようこそファイニーズへ! ぜひ頑張ってください」
多聞「(??もう入れてくれるという意味???と不思議に思いながらも)はい、頑張ります! ただですね…もし入団して実力が足らず練習生だとしてもチームに残ることはできますか?」
島貫HC「え? でもそれじゃ試合に出られないよ」
多聞「はい。もちろん理解しています。実力が基準に満たなくても練習に通い続けることはできるのですね?」
島貫HC「うん。それはいいけど、そんなこと言わずに頑張ってや。いやー、これで君の大学とも縁がつながった、素晴しい!」
多聞「(シルバースターと全然ちゃうやん!)では入れてくださるのですか? 今スグここで決定ですか? ありがとうございます!」
島貫HC「じゃあ、あそこで練習着だとかグッズ類をもらって持って帰って。次の練習は木曜の夜ね。来られる? 遠慮なく練習に入ればいいから」
 とトントン拍子に1部リーグのしかも強豪に入ることができたのです。


 山の上にあるチーム専用の天然芝グランドは、ギリギリ2面分の広さを誇る素晴しい施設でした。見学に来て緊張する僕に終始話しかけてくださったオフェンスラインの平井さんのおかげで、リラックスして見学できたことを思い出します。


 そして初練習に行きました。
 皆さんがそろう前で「はじめまして。中村多聞と申します。26歳です。三武ペガサスから移籍してきました。頑張りますのでよろしくお願いします!」と普通に自己紹介です。
 そうすると皆さんが「ポジションは?」。すぐに「ランニングバックです(RB)!」と答えるとほとんどの人が失笑しています。こんな太ったランニングバックだと? ふざけんな。どうせド下手のチンチクリンやろが! という思いのこもった笑いです。
 そして「じゃあ君は太っているから引退した森口のユニフォーム着て。31番ね」。あの「鬼だ悪魔だ森口だ」で関西リーグを制した京大エースランナー森口選手(同い年やけど…)の番号を翌年からオレがつけるの? ウソ〜〜!
 この時はまだ5月。春の大会中でした。今から登録はできないので、春は練習試合で頑張ることが目標になりました。


 初めて関学と京大のOBと一緒にフットボールをすることになりました。
 まず三武ペガサスで使用していた用語と全く違う所から悩まされます。
 右に3人のレシーバーがいるショットガン体型を「右ブイ(V)」と教えられていましたが、ファイニーズでは(当然)「右スーパー」と言います。ブリッツのことを「チャージ」と習いましたがココでは「ファイヤー」や「ブリッツ」と言います。
 しかし、これほど初っ端から何もかもの呼び名が違う上に、初めて見る量のプレーブック。とてつもない分厚さです。三武ペガサスでは紙をほとんど使用せずに「何べん言ったらわかんだよ!」だけがプレーブックでしたので困惑します。


 英語と数字で暗号化されたプレーの呼び名に意図、守備の体型別に少しずつアジャストするルール。全てが初めての経験で、悩みに悩んでとうとう2週間で「ヘルペス」という病気を発症します。
 レベルが高過ぎる中で必死にフットボールで体力を使い、脳みそを使ったことのない方法で酷使したからだと医者に告げられました。恐るべし「関学、京大フットボールスキーム」です。


 そして入団して1カ月後ぐらいで練習試合があると聞きます。何と相手はあのラインバッカー(LB)河口マーサやディフェンスバック(DB)近藤、天才クオーターバック東野のいる立命館パンサーズです。
 震えました。これまで対戦したチームでは最強は、入替戦で戦ったさくら銀行です。イッキにステップアップしてホンモノとの対戦です。


 アメリカからやって来た(正確には帰って来たですが)考えられないほどマッチョでアグレッシブでミーンな河口選手。プレーが始まる直前に英語で何やら叫んでいます。プレーがバレているような気がしてとても怖かったです。
 ようやくコレほどの相手と対戦できるようになったのだと、とてもうれしい気持ちでイッパイでした。相手にとって不足なしどころかコッチが不足だらけです。


 RBとして少しの出場機会を得て3回ほどボールをキャリーしました。これは1995年のことですが、最近になってあの時に対戦した立命館の方に僕のことを覚えてもらっていたのがとてもうれしかったです。
 少しは他人様の印象に残る走りができていたのだなと思うと…。まだまだ笑っちゃうぐらいド下手な26歳、102キロの中村多聞1部リーグ初出場でした。

【写真】サンスター時代の多聞さん