【ハンドオフ】
ハンドオフ練習の時に注意することがいくつかあります。
1) コース
2) 速度
3) 重心
4) 目線
5) タッチダウン
の5項目です。
順に説明していきます。


 RBにとって、ハンドオフの練習は「理想の走り」ができる数少ない場のひとつです。「QBとの合わせ」という表現をする人もいますが、それは初心者のハナシ。
 僕の場合は違います。理想のコースを最高の速度で最も安定した重心でフィールド全てを見てエンドゾーンまで行く。この練習です。
 これを細分化してイチイチ細かく細かく練習していきます。気が遠くなるほど膨大なランニングプレーのパターン全てに理想のカタチがあるので、練習は本当に大変です。
 才能が多くある人は感性でタッチダウンしますが、僕のような本来の運動能力が並の人間はセコくセコく他の人がやらないことを見つけてはやる、の繰り返しでしか上達の道はありません。では順に説明していきます。


1)コース
 ハンドオフでは、ミーティングでコーチが黒板に描いた矢印のコース。つまり味方のブロッキングが全て理想通りに遂行できた場合にRBが「通るハズ」「通れるハズ」のコースを徹底的に走り込みます。
 守備の体型や動きによっても少しずつ変化しますので、同じ作戦でもバリエーションはあります。それら全てを一回一回イメージして練習します。
 作戦を考えた人の夢をかなえるのが、ボールを持つポジションの役割ですので、まずはそのコーチの夢を仮想でグランドに描き直し、理想のコース取りを練習しまくるのです。


 ランニング中に起こる事柄は全てその矢印からの派生ですので、そのまま行くか行かないかを判断する。この繰り返しです。
 進む方向と通り道が示されており、目標がハッキリしているので、自分が何をすれば良いかも非常に明確なのですが、ココを間違えている人の多さにビックリすることは少なくありません。


 走るコースを一つ一つ決めていき、守備体型などでバリエーションが増えた分だけ自分の練習量が増えます。
①RBはチームが決めたコースと歩数、タイミングを1センチもずらすことなく走る
②コーチはRBの走るコースと歩数、タイミングを1センチ単位で決める
この条件をクリアしておかねば良い練習とは言えません。


2)速度/タイミング
 次に走る速度です。作戦によっては最初だけゆっくり動かねばならないこともありますが、おおよそは速いスピードで動くものです。
 理論的には、決められた時間と場所で味方のラインマンと待ち合わせをしているワケですから、RBはキッチリと約束を守らなければならないのは大前提です。
A)QBからボールをもらうまでの足運び(歩数)とタイミング
B) ボールをもらってからスクリメージライン(LOS)を通過する時の足運び(歩数)と侵入アングル、タイミング
C) 攻守ラインを通過後、セカンダリーまでの足運び(歩数)と速度


 ここまでは、どのRBがプレーしても規定の動きをしなければなりません。
この規定値が「作戦を考えた人の夢」となります。
 しかしコレも簡単にはマスターできません。チーム内で、同じプレーでもRBによって走る場所やタイミングが何となく違うというシーンを見たことがあると思います。
 この原因は走りが分からないコーチがRBに「私が描いた矢印の付近を感性のまま走りなさい」と指示しているようなものだからなのです。


 疾走している人間はクルマと違い、ハンドルを切ればとりあえず方向が変わるという仕組みになっていません。
 右足が着地した瞬間に右には曲がれません。なんと次に左足が着地するまで待ってからしか右に進路変更できないのです。
 ということは右に曲がるかもしれない場所では左足が着地するように歩数を逆算しておかねばなりません。


 逆も同じです。なので、重要なのが「歩数」なのです。スタート時に一歩足を引いて地面を蹴るのか、または地面に加重してその場所を蹴って踏み出すのか、それだけでも左右の歩数が逆転します。
 全てのプレーはダンスと同じように、決められたステップを忠実に遂行できてようやく次の課題に進めます。またこの解析を進めて行くと「この場面では右に行けない」「この場面では左に行けない」と言うことも分かります。
 なので、どこで曲がるかをとっさに決定せず、予測しておけます。コレが大きいのです。


 コースと足運び(歩数)が決定したら今度はタイミングです。それは速度を意味します。ランプレーはチームで一番のRB(エース)に合わせねばなりませんので、自分よりうまいライバルがいる場合はその彼を模倣しないと、コーチから「使えないやつ」「理解力の低いやつ」「ワガママなやつ」「ヘタクソ」「扱いにくいやつ」と思われてしまいますので注意しましょう。


 タイミングに関しては、エースRBにかかってきます。エースRBはコーチの思いを反映させる能力がチーム内で最も高いので、彼を模倣するのが一番の近道です。
 ビデオを見比べて、翌日にモノマネしていれば同じタイミングになります。そのためには足運び(歩数)をチェックすることです。


 最近は人工芝のグラウンドが多いので足跡が残りません。ですからスグその場で参考となり得る資料が確保できません。
 コレはホケツにとって非常に大きな問題です。ビデオで撮影しても、かなりの高性能カメラでないとミリ単位でステップの調査は不可能です。同じタイミングで同じ場所に足をつく。これだけの作業がいかに難しいか。


 足をつく場所とタイミングはハンドオフ練習のキモです。まずこれを知り反復練習で身に付けます。
 コーチや年度が変わればスキームも変化しますが、練習のやり方さえ知ってしまえば練習量だけでカタがつきます。
 次週はこの続きからお話しします。

【写真】プレーに備えてセットする多聞さん