フラッグフットボール(以後フラッグ)とタックルフットボール(以後フットボール)は別の競技か否か? いろいろな意見があると思います。僕も小学生の時、クラスの友人らとズボンのベルトに2本の布を挟み込み、現在と同じルールで休み時間に遊んでいました。


 僕自身はこのフラッグをフットボールに置き換えて楽しんでいました。しかし例によってケツの穴の小さいセンセらに学内への楕円ボール持ち込みを禁止にされ、長期間はプレーできませんでした。これは少年期にフラッグをプレーしていた人間が海外やライスボウルでもプレーしたという稀有な例です。


 フラッグは最近、学校体育に組み込まれたと聞きます。フットボールと同じ競技として考えるならば、最終的にアメリカのプロとして通用する選手が育つのかどうか、が問題になってくるでしょう。
 それにはまず、学校で誰がフラッグを教えているのかが重要ですかね。アメリカのフットボールを良く知っているコーチか先生が指導(そんな人ナンボもいないけど)しているのであれば「フラッグ=アメリカンフットボール」となり、単にタックルせず人数が少ないだけのフットボールです。しかしフットボールを知らない人が教えるとまるっきり違ってしまいます。


 フットボールとは完全に違うものになります。教育に使っている理由は調べてみたらいろいろあるようですが、NFLでスターになるための訓練とはまるっきり別物です。水泳して野球してサッカーしている方が、よっぽどNFLに近づくと思います。
 お子さんをフットボールスターにしたいとお考えのお父さん、お子さんをスグにアメリカへ移住させてください。日本のガッコでフラッグしていても前に進む速度がお子さんの老化より遅くなります。


 目標としていつかはタックルフットボールをするという気持ちで良いコーチの元でプレーするフラッグと、単にドッジボールやポートボールの代わりになっているフラッグでは結果がハッキリ別れるでしょう。
 もちろんこの体験からフットボールに興味を持つ少年(又はその親)もいるかもしれません。スポーツのレベルはその国や地域での人気に比例して上下することは学問として確立されていますし、世界の常識です。


 フットボールの人気が上がらないことにはレベルも上がらないし、世界に出て行けるような良い選手も育ちにくい環境と言えます。小学校でフットボールを知らない運動音痴な教員がカリキュラムだからとフットボールに興味のない少年少女にフラッグをさせても、フットボールの人気が上がるんか〜? と言えば難しいんとちゃいますか。
 フラッグを普及させてフットボールを盛り上げたいと思う人が会社を辞めて家庭を捨てて路上生活しながら毎日毎日無償で小学校へコーチしに行かれへんし。


 結論―。
 フットボールがうまいか、理解している人が教えないとフラッグからフットボールにつながらないので、元フットボール関係者が全員で地域のガッコに教えに行くしかない、と僕は思う!

【写真】小学校の体育の授業でフラッグに取り組む子どもたち=写真提供:日本フラッグフットボール協会