ライター一覧

松元竜太郎のSolo Tackle

松元竜太郎

松元 竜太郎 まつもと・りゅうたろう

1982年生まれ。慶大卒。富士通を経て、2009年共同通信社入社。スポーツビジネス全般を担当。2012年に「週刊TURNOVER」を立ち上げる。大学時代にアメリカンフットボールを始め、社会人チームではスタッフとして活動。国内のフットボールを幅広く取材している。

早大学院高が4連覇へ前進 積極的守備が勝利呼び込む

早大学院高が4連覇へ前進 積極的守備が勝利呼び込む

2013/11/25 【松元竜太郎】

 全国高校アメリカンフットボール大会の関東地区決勝が23日に駒沢第二球技場で行われ、早大学院高(東京)が慶応高(神奈川)を21―7で破り、4年連続8度目の優勝。12月23日に東京・味の素スタジアムで開催される立命館宇治高(京都)と...【続きを読む】

女子アメフットの発展を願って Wキャッツ代表・山田千佳さん

女子アメフットの発展を願って Wキャッツ代表・山田千佳さん

2013/11/11 【松元竜太郎】

 10月27日、大阪府の深北緑地公園。台風一過の青空の下、大勢の人がにぎわう中で黙々と練習する彼女たちの姿があった。  女子アメリカンフットボールチーム「ワイルドキャッツ」。女子のアメフットを見るのは初めてだったが、「男と特に変わ...【続きを読む】

値千金のインターセプト 富士通DBアルリワン・アディヤミ

値千金のインターセプト 富士通DBアルリワン・アディヤミ

2013/10/28 【松元竜太郎】

 日本社会人Xリーグ、東地区の全勝対決となった富士通と鹿島の一戦が21日、等々力陸上競技場で行われた。企業チーム同士としては最後となる可能性もある両者の対戦は、前半に攻守で圧倒した富士通がリードを守りきり、15―7で鹿島を下した。...【続きを読む】

フラッグは素晴らしいスポーツ 「教室」開催した横浜市の金沢SC

フラッグは素晴らしいスポーツ 「教室」開催した横浜市の金沢SC

2013/07/05 【松元竜太郎】

 横浜市にある金沢スポーツセンターで、フラッグフットボール教室が開催された。「フラッグフットタイム」という名称で、4~6月にかけて行われた同教室には、未経験の参加者が多く集まり、初体験の競技を楽しんだ。  「何か新しいスポーツ...【続きを読む】

鹿島が4年ぶり8度目の優勝 富士通に逆転勝ち

鹿島が4年ぶり8度目の優勝 富士通に逆転勝ち

2013/06/26 【松元竜太郎】

 アメリカンフットボールの東日本社会人選手権「パールボウル」決勝が24日、東京ドームで行われ、鹿島が17―10で富士通に逆転勝ちし、4年ぶり8度目の優勝を果たした。今季限りで親会社の援助が打ち切られる鹿島と富士通の企業チーム同士の...【続きを読む】

鹿島と富士通が激突 熱戦必至のパールボウル決勝

鹿島と富士通が激突 熱戦必至のパールボウル決勝

2013/06/19 【松元竜太郎】

 アメリカンフットボールの東日本社会人王者を決めるパールボウルトーナメントの決勝が、24日に東京ドームで行われる。企業チームとしては今季限りとなる鹿島と、日本選手権3連覇中の王者オービックを破り勢いに乗る富士通の対戦は、白熱した好...【続きを読む】

王者オービック、富士通に完敗 公式戦の連勝37でストップ

王者オービック、富士通に完敗 公式戦の連勝37でストップ

2013/05/29 【松元竜太郎】

 社会人Xリーグのパールボウル・トーナメント準決勝が5月25日、川崎球場で行われ、日本選手権(ライスボウル)3連覇中のオービックは富士通に13―31で敗れ、公式戦の連勝が37で止まった。オービックの敗戦は、2010年7月にパールボ...【続きを読む】

16人で目指すクリスマスボウル 神奈川県大会準優勝の横浜栄高

16人で目指すクリスマスボウル 神奈川県大会準優勝の横浜栄高

2013/05/23 【松元竜太郎】

   アメリカンフットボールの春季神奈川県高校大会の決勝が5月5日に慶大グラウンドで行われ、初優勝を目指した横浜栄高は、法政二高に13―14で敗れた。横浜栄高は、準決勝で強豪慶応高を破り、決勝でも伝統校に肉薄した。部員はわずか16...【続きを読む】

浜部監督代行の下に結束 新生「早大ビッグベアーズ」

浜部監督代行の下に結束 新生「早大ビッグベアーズ」

2013/05/13 【松元竜太郎】

 早大の浜部昇監督代行と、慶大のデービッド・スタント・ヘッドコーチ。ともに新指導体制となったチーム同士の一戦として注目された伝統の早慶戦が、4月29日に東京・駒沢陸上競技場で行われた。試合は序盤から早大がリズムをつかみ、RB井上広...【続きを読む】

「今が巣立ちの時」 チーム存続目指す鹿島

「今が巣立ちの時」 チーム存続目指す鹿島

2013/04/19 【松元竜太郎】

 日本社会人Xリーグ1部の鹿島が、今季限りで企業チームとしての活動を停止する。鹿島本社の広報室によると、クラブチームなど形態を変えて存続するかは未定。同広報室は理由について「社員の採用数を減らす中で、選手の補強に影響が出る。これま...【続きを読む】

ライター一覧