ライター一覧

松元竜太郎のSolo Tackle

松元竜太郎

松元 竜太郎 まつもと・りゅうたろう

1982年生まれ。慶大卒。富士通を経て、2009年共同通信社入社。スポーツビジネス全般を担当。2012年に「週刊TURNOVER」を立ち上げる。大学時代にアメリカンフットボールを始め、社会人チームではスタッフとして活動。国内のフットボールを幅広く取材している。

守備戦で重み増すキッキング 立命大が関大に負けた理由

守備戦で重み増すキッキング 立命大が関大に負けた理由

2015/05/15 【松元竜太郎】

 5月10日に大阪・エキスポフラッシュフィールドで行われた立命大と関大の試合は、24―7で関大が勝った。昨秋は21―0で立命大が関大を下しており、点差が開いての関大の勝利は大方の予想を裏切る結果となった。  この試合の1週間前...【続きを読む】

早大の強力守備支えるダブルエース LBコグランと加藤

早大の強力守備支えるダブルエース LBコグランと加藤

2015/05/07 【松元竜太郎】

 今年の早稲田は強い。そう確信させる試合内容だった。4月29日に駒沢陸上競技場で行われた、第63回早慶アメリカンフットボール対校戦は、早大が慶大に31―17で勝った。  早大の強力な守備フロントが、日本代表候補のRB李卓を中心とす...【続きを読む】

真のエースへ成長誓う 関学大QB伊豆充浩

真のエースへ成長誓う 関学大QB伊豆充浩

2015/04/21 【松元竜太郎】

 記者席で関学大のメンバー表を見て驚いた。昨年までQBだった中根弘人のポジションがWRに変わっていた。中根は関学高のエースQBとして活躍し、関学大では1年時から昨季までのエース斎藤圭のバックアップとして甲子園ボウルにも出場した期待...【続きを読む】

RBの人選は打倒米国への意思表示 富永日本代表攻撃コーチの決断

RBの人選は打倒米国への意思表示 富永日本代表攻撃コーチの決断

2015/04/09 【松元竜太郎】

 7月に米オハイオ州カントンで開催される世界選手権に向けた、日本代表チームの選手選考が本格的に始まった。4月1日に発表された81人の1次候補選手は、強化練習などを経て最終的に7月1日に45人へと絞られる。  1次候補に学生が6...【続きを読む】

NFL選手誕生こそ人気向上の起爆剤 五輪競技目指すスカッシュを取材して

NFL選手誕生こそ人気向上の起爆剤 五輪競技目指すスカッシュを取材して

2015/02/13 【松元竜太郎】

 先日、スカッシュの大会を取材する機会があった。四方を壁に囲まれた空間でボールを打ち合う、テニスのようなスポーツだ。アメリカンフットボールとは全く異なる競技だと思っていたが、意外と共通点も多かった。  まずは、試合の中で戦術が...【続きを読む】

パス守備光る「和製キークリー」 ノジマ相模原LB田中喜貴

パス守備光る「和製キークリー」 ノジマ相模原LB田中喜貴

2015/02/05 【松元竜太郎】

 白熱の展開となったスーパーボウルも終了し、今季のフットボールシーズンも幕を閉じた。ライスボウルが終わってからはNFLのプレーオフをチェックしていたが、一人の守備選手が気になった。カロライナ・パンサーズのLBルーク・キークリーだ。...【続きを読む】

残り1秒で劇的TDパス 「バハマボウル」の奇跡

残り1秒で劇的TDパス 「バハマボウル」の奇跡

2015/01/15 【松元竜太郎】

 「私のことをからかっているのか? こんなの狂っている」。ラストプレーでTDが決まった瞬間、実況の米国人アナウンサーがこう叫んだ。  フットボールに限らず、スポーツの試合で奇跡的な出来事が起きた時、「あり得ない」とか「信じられな...【続きを読む】

見たかった「レフティーキッカー」の競演 富士通・西村、関学大・三輪

見たかった「レフティーキッカー」の競演 富士通・西村、関学大・三輪

2015/01/07 【松元竜太郎】

 日本のアメリカンフットボールシーズンの最後を飾る大一番。富士通と関学大の対戦となった今季の「ライスボウル」は1月3日、東京ドームに3万人を超える大観衆を集めて行われた。  試合前に発表された先発メンバーの中に、富士通のエース...【続きを読む】

「オプション攻撃」にかけた1部昇格 悲喜こもごもの東西入れ替え戦

「オプション攻撃」にかけた1部昇格 悲喜こもごもの東西入れ替え戦

2014/12/25 【松元竜太郎】

 100人近くの記者、カメラマンに15台以上のテレビカメラ。ライスボウルでもこれほどは集まらないというくらい、多くのメディアが続々と集結する。試合開始を待ちきれないファンが開門前から列を作り、スタンドは立ち見が出るほどぎっしりと埋...【続きを読む】

待ち続けた「フロンティアーズの母」 26年目の悲願達成

待ち続けた「フロンティアーズの母」 26年目の悲願達成

2014/12/18 【松元竜太郎】

 2万5000人を超える観衆が見守る中、12月15日に東京ドームで行われたジャパンエックスボウル。富士通の初優勝に向けたカウントダウンが進む中、この瞬間を誰よりも待ち望んでいた伊藤桃代マネジャーの目には、うっすらと涙が浮かんでい...【続きを読む】

ライター一覧