「ランニングバック(RB)は母親が育てて、クオーターバック(QB)はコーチが育てる」。米国にはこのような格言があるそうだ。QBはコーチ次第で成長するが、RBは生まれつき備わった才能が大きく影響するという意味だ。英語で才能を表す言葉に「ギフト」がある。文字通り天から贈られた才能という意味だが、この「ギフト」に最も恵まれたRBの一人が富士通の進士祐介だろう。


 ▽サッカーからフットボールへ
 3人兄弟の末っ子として東京・板橋に生まれた進士は、サッカー漬けの少年時代を送る。
運動量豊富なボランチとして、中学時代には東京都選抜として活躍し、高校でもサッカーを続けるつもりだった。
 進学した東京・日大鶴ケ丘高でアメリカンフットボール部のコーチをしていた兄の大介さんに誘われて、タッチフットボールをプレーすると大きく心が動いた。「初めからうまく相手をかわすことができて、おもしろかった。自分は向いていると思った」とすぐに入部を決意する。
 RBとディフェンスバック(DB)を兼任して、QB石川貴常、LB倉園宜朋ら後に東海大で一緒にプレーする同世代の日本トップレベルのチームメートと勝ち進んだ。3年時には日本一の目標を掲げて、関東大会の決勝まで進出する。


 ▽エースRB
 東海大に進学した進士は、切れ味鋭い走りで1年時からすぐに注目の存在となった。1学年上の岩崎将人との二枚看板でチーム躍進の原動力となり、3年時には関東大学選手権にも出場した。だが、チーム内でのエースRBとしての評価は常に岩崎のものだった。「なぜ自分がエースではないのか」といらだちが募ることもあった。
 富士通へ入社した時も、2000年から5年連続でXリーグのリーディングラッシュを記録した森本裕之の存在があった。試合には随時出場していたが、エースRBは森本。「実力では自分の方が上なのに」。大学時代と全く同じ感情を抱いたという。


 「他の選手の良いところを素直に認められるようになった」。不思議なことに、今ではエースRBへのこだわりのような感情は全くなくなったそうだ。一方で「他の選手に負けるつもりはない」と、好ランナーがそろう富士通のRB陣にあっても、自信を持ってプレーしている。


 ▽6年ぶりのベストコンディション
 かつての進士の代名詞と言えば、日本人離れした驚異的な「カットバックラン」だった。まるでピンボールのようにトップスピードから急激に方向転換する走りは、多くのファンを魅了した。
 だが、08年から昨年までは毎年のように手術を繰り返し、けがと闘ってきた。思うようにプレーできない日々が続いた。この間に金雄一や神山幸祐ら若手のRBが台頭し、出場機会は減っていく。だが進士は「けがを治してベストのプレーさえできれば負けない」と焦らずにこの期間を耐え抜いた。そして今季、見事に完全復帰すると春季シーズンから走りまくった。


 長年にわたって膝にメスを入れてきたことが影響して、カットバックに当時ほどの切れ味はない。それでも進士はこう言い切る。「カットは全盛期の8割程度だが、RBとしての総合力は今の方が上」
 元々プレーの理解度が高く、デイライト(走路を見つける)能力に優れた選手だったが、カットバックに頼らなくなったことで、OLのブロックを信頼した効率的な走りに磨きがかかったのだ。以前は横にカットを切る印象が強かったが、今季はせまい走路を縦に突き抜けてくるシーンを数多く見る。


 ▽悲願の日本一へ
 「彼が走るとオフェンスが乗ってくる。チームの元気印」。富士通の藤田智ヘッドコーチの言葉だ。今年で31歳になる進士は、若手が多い富士通の中ではベテランの域に入る。ふだんは若い選手たちにからかわれて、決して周りを引っ張っていくタイプではないが、その取り組みやプレーからチーム内の信頼は厚い。
 今年は3人目の子どもも生まれて、公私ともに順調という進士はこう語る。「後は日本一になるだけ。ランで押し切り、完全な状態のオービックに勝ちたい」。高校、大学、社会人とあと一歩のところまで迫りながら、手が届かなかった頂点。強力なオフェンスラインに支えられた進士がフィールドを躍動するような展開になれば、創部28年目の富士通悲願の日本一が見えてくるだろう。

【写真】今季、けがから完全復活した富士通のRB進士祐介=撮影:Yosei Kozano