ライター一覧

小座野容斉のレンズ越しのSTORY

小座野容斉

小座野 容斉 こざの・ようせい

1964年生まれ。早大卒。89年毎日新聞社入社。写真部、編集総センターなどを経て現在はデジタルメディア局。ニュースサイトの編集に携わりながら、主に社会人Xリーグを撮影。アメフット観戦歴は75年から。NFLのスティーラーズと、中村多聞氏が経営する東京・西麻布にある「塩屋」のもずくをこよなく愛する。

QB高田「東京ドームで試合を」 覇権奪回に燃えるパナソニック

QB高田「東京ドームで試合を」 覇権奪回に燃えるパナソニック

2013/11/06 【小座野容斉】

 サッカーのワールドカップなどで、1次リーグの組み合わせで強豪国が同じ組にそろってつぶし合いをするグループを「死の組」と表現することがある。  Xリーグでも11月2日からセカンドステージの戦いが始まった上位リーグ「スーパー9」の中...【続きを読む】

「チームとともに日本一に」 鹿島ディアーズ・チアリーダーズ

「チームとともに日本一に」 鹿島ディアーズ・チアリーダーズ

2013/10/30 【小座野容斉】

 Xリーグは11月からセカンドステージの戦いが始まる。日本社会人選手権「ジャパンXボウル」、そして日本選手権「ライスボウル」を目指す上位リーグ・スーパー9は、ここからの2試合は生き残り戦で、負ければ11月でシーズンが終了となるチー...【続きを読む】

際立った米国人選手の底力 Xリーグ1stステージ最終戦

際立った米国人選手の底力 Xリーグ1stステージ最終戦

2013/10/23 【小座野容斉】

 Xリーグは10月21日にファーストステージの日程を終えた。全勝対決となったセントラルのオービック・シーガルズ対ノジマ相模原ライズ(20日、横浜スタジアム)、イーストの富士通フロンティアーズ対鹿島ディアーズ(21日、等々力競技場)...【続きを読む】

選手の残した数字にもっと敬意を 「記録」に対する意識に日米の差

選手の残した数字にもっと敬意を 「記録」に対する意識に日米の差

2013/10/16 【小座野容斉】

 少々古い話だが、2012年のNFLは新人QBの当たり年として歴史に残るシーズンだった。レギュラーシーズンでパス獲得距離3000ヤード以上の新人QBが5人も出現した。それ以前には他リーグでプロ経験を持つ選手も含めて7人(注1)しか...【続きを読む】

憎らしいほどの強さはどこへ 望まれるシルバースターの復活

憎らしいほどの強さはどこへ 望まれるシルバースターの復活

2013/10/09 【小座野容斉】

 スポーツの撮影を続けていて記憶に残るのは、撮った1枚ではなく、撮り逃したシーンだ。上手く撮影できた思い出はすぐに消え去るが、撮れなかったシーンはいつまでも脳裏に居座り続ける。  Xリーグを撮影していて、ここ数年で特に忘れられない...【続きを読む】

壮絶な「撃ち合い」制した龍村 本場米国育ちのQBと真っ向勝負

壮絶な「撃ち合い」制した龍村 本場米国育ちのQBと真っ向勝負

2013/10/02 【小座野容斉】

 NFL、カレッジを問わずパス攻撃が主流の米国では、激しい得点の応酬「シュートアウトゲーム」がしばしば見られる。QBは西部劇のガンマンに例えられ、決定力の高いポケットパサーは特に敬意を払われる。  現在、Xリーグで最高のパサーは、...【続きを読む】

Xリーグで活躍する外国出身選手たち(ディフェンス編)

Xリーグで活躍する外国出身選手たち(ディフェンス編)

2013/09/25 【小座野容斉】

 ◇ケビン・ジャクソン(32歳、DL=オービックシーガルズ)  Xリーグ史上最高の外国出身守備選手。対戦するQBには悪夢となる攻撃的なパスラッシャーであり、ランナーを正確に追い詰めるタックラー。また長い手脚とジャンプ力を生かし、フ...【続きを読む】

Xリーグで活躍する外国出身選手たち(オフェンス編)

Xリーグで活躍する外国出身選手たち(オフェンス編)

2013/09/18 【小座野容斉】

 社会人フットボールXリーグでは、ここ数年外国人選手、特に本場・米国出身の選手の活躍が目立っている。Xリーグの内規では外国人選手登録は1チーム4人まで、ただしNFLなどの米国プロリーグで活動した選手は資格がない。そして同時にプレー...【続きを読む】

東北で初のXリーグ公式戦開催 試合翌日にはボランティア活動も

東北で初のXリーグ公式戦開催 試合翌日にはボランティア活動も

2013/09/11 【小座野容斉】

 9月1日、社会人フットボールXリーグの今季第1節、鹿島ディアーズ対東京ガスクリエイターズが、仙台市のユアテックススタジアム仙台で開催された。この試合はXリーグ初の東北での公式戦となった。日本社会人協会、日本協会、東北学生連盟の三...【続きを読む】

人生決めた一冊の本との出会い プロ意識学んだ名QBの言葉

人生決めた一冊の本との出会い プロ意識学んだ名QBの言葉

2013/09/02 【小座野容斉】

 1975年の早春にスーパーボウル(ピッツバーグ・スティーラーズ対ミネソタ・バイキングズ)のテレビ放送で初めてアメリカンフットボールの試合を見て、このスポーツをもっと知りたいと思っていた少年時代の私は、地元の図書館で一冊の本に出会...【続きを読む】

ライター一覧