タッチからタックルへ 高校も「アメリカン」に転換

タッチからタックルへ 高校も「アメリカン」に転換

2014/04/16 【丹生恭治】

 昨年度の日本協会傘下の各連盟の統計によると、高校チームは113を数える。1984年(昭和59年)9月に発行された「日本アメリカンフットボール50年史」では、高校チーム100とあるから、この30年間の増加は13校ということになる...【続きを読む】

【米挑戦スタート編③】待てど暮らせど迎えは来ず オーランドには着いたけど

【米挑戦スタート編③】待てど暮らせど迎えは来ず オーランドには着いたけど

2014/04/15 【鈴木弘子】

 当時、国際線は32キロの荷物二つまで預けることができた。私は、ぎりぎり64キロの荷物と、カメラ、ビデオ、パソコンなどを入れた20キロ以上の手荷物を持って、オーランドの空港で迎えを待った。  チームオーナーから「オーランドから車...【続きを読む】

【TAMON’Sスタイル番外編】実力不足のドイツにがっかり 日本VSドイツ雑観

【TAMON’Sスタイル番外編】実力不足のドイツにがっかり 日本VSドイツ雑観

2014/04/14 【中村多聞】

 新しくなった川崎富士見球技場(旧川崎球場)へ、第2回「ジャーマン・ジャパンボウル」の観戦に行ってきました。  ドイツ代表が惨敗した原因はヘタクソなことも含めて、実力が不足していたからです。「フットボールはタックルとブロックを...【続きを読む】

遊びでも勝負は何でも真剣に 自身が綴る中村多聞物語⑥

遊びでも勝負は何でも真剣に 自身が綴る中村多聞物語⑥

2014/04/11 【中村多聞】

 少し戻って大学4年のゴールデンウィーク。  アルバイトに行く途中に、ローンで買った100万円以上する1200CCのヤマハ(注1)に乗っていて(中略)自動車と事故して廃車になり、たまたまけがはなかった(注2)ものの「さすがに次...【続きを読む】

森HC「何かが伝わる試合を」 4月12日にドイツ戦

森HC「何かが伝わる試合を」 4月12日にドイツ戦

2014/04/10 【小座野容斉】

 今週末の4月12日(土)に、アメリカンフットボール日本代表がドイツ代表と対戦するテストマッチ、「ジャーマンジャパンボウルⅡ」が、川崎で行われる。  旧川崎球場に2000人収容の観客席が一塁側に建てられ、野球場から多目的の「川崎富...【続きを読む】

ドラフト候補が同性愛公表 差別問題に直面するNFL

ドラフト候補が同性愛公表 差別問題に直面するNFL

2014/04/10 【生沢浩】

 Jリーグの浦和レッズの一部のファンが掲げた「Japanese Only」が差別的と解釈され、結果的に無観客試合の実施という重罰に結びつくなど、スポーツ界における差別撲滅運動は日本でも関心が高まっている。今年はNFLでもこうした問...【続きを読む】

キックリターンにかけた19年 オービックWR清水謙

キックリターンにかけた19年 オービックWR清水謙

2014/04/09 【松元竜太郎】

 2007年11月19日、東京ドームで行われたXリーグファイナルステージのオービック―鹿島。残り試合時間2分で7点をリードしていた鹿島のキックオフは、リターンTDを警戒したライナー性のキックだった。  不規則な転がり方をするは...【続きを読む】

「折り畳み式のヘルメット」 今回は「防具」のお話

「折り畳み式のヘルメット」 今回は「防具」のお話

2014/04/09 【丹生恭治】

 このところ執筆の材料を、もっぱら「Fight On」という冊子から掘り起こしている。これはご承知の通り、関西学院のアメリカンフットボール部の機関誌である。  たかだか一大学チームのパンフレットではあるが、1961年(昭和36年...【続きを読む】

【米挑戦スタート編②】いざ、フロリダへ! 待っていたのは信じられない現実

【米挑戦スタート編②】いざ、フロリダへ! 待っていたのは信じられない現実

2014/04/08 【鈴木弘子】

 当時Xリーグ普及委員だった私は、「Xリーグファンの集い」というイベントを企画中だった。  一緒に普及委員をやっていた当時シーガルズの代田昭久氏(現・佐賀県武雄市教育監)や山谷拓志氏(のちのリンク栃木ブレックス代表)の後押しで、フ...【続きを読む】

打倒日大に燃えた華麗なサウスポー 明治QB渡邉弘幸

打倒日大に燃えた華麗なサウスポー 明治QB渡邉弘幸

2014/04/07 【宍戸博昭】

 185センチのスラリとした長身と精悍な顔立ち。本人は「最近はお腹が出てきちゃって」と照れるが、その容姿と醸し出す雰囲気は、ファッション雑誌のモデルとしても十分に通用する。  渡邉弘幸、48歳。1985年の第40回甲子園ボウル...【続きを読む】