楕円形でつながる親子の夢 ノジマ相模原ライズ、RB東松瑛介

楕円形でつながる親子の夢 ノジマ相模原ライズ、RB東松瑛介

2014/07/07 【小西綾子】

(前編からつづく)  初めて選ばれた日本代表。刺激、手応え、課題…。たくさんのものを得たと話す東松選手。  「いま、自分に圧倒的に足りないものはフィジカルです。フィジカルを強化し、自分の長所であるスピードとカットバックに...【続きを読む】

伝説のチーム「ペガサス」に入団 自身が綴る中村多聞物語⑦

伝説のチーム「ペガサス」に入団 自身が綴る中村多聞物語⑦

2014/07/04 【中村多聞】

 「最強RBへの道・初級編」が好評だったようで、調子に乗って2カ月も続けてしまいました。中級者編になると、細かすぎて文字だけでは伝え切れない心配があるので、もう少しお時間をいただきたいと思います。  さて、「自分物語⑥」から...【続きを読む】

進化するチームの本能的喜び サイドラインで目撃した名勝負(後編)

進化するチームの本能的喜び サイドラインで目撃した名勝負(後編)

2014/07/03 【小座野容斉】

 先週に続いて、社会人アメリカンフットボール「パールボウル」決勝、オービック・シーガルズ対富士通フロンティアーズの一戦について。  「Xリーグの歴史に残る名勝負」  「菅原が見せた歓喜の雄叫びは、日本選手権「ライスボウル」で...【続きを読む】

破られない「ジンクス」 ホームチームのスーパーボウル出場

破られない「ジンクス」 ホームチームのスーパーボウル出場

2014/07/03 【生沢浩】

 NFLは6月、2016年2月7日に第50回の節目を迎えるスーパーボウル(於カリフォルニア州サンタクララ)の公式ロゴマークを発表した。  優勝杯であるビンス・ロンバルディ・トロフィーを金字の「5」と「0」が挟み込むデザインだ。世界...【続きを読む】

いよいよ「選手権戦」 2014年米大学フットボール

いよいよ「選手権戦」 2014年米大学フットボール

2014/07/02 【丹生恭治】

 春のオープン戦にうつつを抜かしている間に、早くも米国のフットボール雑誌が丸善や紀伊国屋の店頭に並び始めた。私としてはこれがないと商売にならない。早速に買い求め、点検に取り掛かっている。  昨年米国のカレッジフットボールの担当を...【続きを読む】

【米挑戦スタート編】⑭ 気温40度の中、女子プロリーグ初戦を飾る

【米挑戦スタート編】⑭ 気温40度の中、女子プロリーグ初戦を飾る

2014/07/01 【鈴木弘子】

 記念すべき、女子プロリーグ戦の初試合は、フロリダ州マイアミにあるオレンジボウルで行なわれた。  1995年まで毎年オレンジボウルが開催されていたスタジアムであったのに、当時、NFLもカレッジも全く見たことなかった私は、「リーグ...【続きを読む】

努力は裏切らない 「エリート」と「雑草」の固い絆

努力は裏切らない 「エリート」と「雑草」の固い絆

2014/06/30 【松元竜太郎】

 3時間30分を超える熱戦となった、オービック―富士通のパールボウル。延長タイブレークの2回裏、決勝TDを決めたオービックのQB菅原俊の元に、真っ先にかけつけたのはOL山本祐介だった。  試合後のインタビューで、「菅原君があの...【続きを読む】

「最後は根性だ!」 オービック主将、LB古庄直樹

「最後は根性だ!」 オービック主将、LB古庄直樹

2014/06/28 【宍戸博昭】

 富士通と激戦を繰り広げた「パールボウル」から2日後。春の東日本王者になったオービック・シーガルズのラインバッカー(LB)古庄直樹主将は、試合中に痛めた脚を引きずりながら、約束の場所に現れた。  自分の左に見えたボールキャリア...【続きを読む】

何をもって公式戦? 激戦の「パールボウル」を多聞が斬る

何をもって公式戦? 激戦の「パールボウル」を多聞が斬る

2014/06/27 【中村多聞】

 僕も初心者の頃は、春の大会でも秋の大会でもゲームができるチャンスであり、チカラを試す機会だったので、一心不乱に取り組んでいました。  春の大会で負けて悔し泣きしたこともあります。それほど真剣に春の大会にも向き合っていました。選...【続きを読む】

背中を虫が這いあがるような感覚 サイドラインで目撃した名勝負(前編)

背中を虫が這いあがるような感覚 サイドラインで目撃した名勝負(前編)

2014/06/26 【小座野容斉】

 6月23日、東京ドームで行われたアメリカンフットボールの春の東日本社会人選手権「パールボウル」決勝、オービック・シーガルズ対富士通フロンティアーズの一戦は、社会人アメフット、Xリーグの歴史に残る名勝負となった。  オービッ...【続きを読む】