解説者の心得、それは「楽しむこと」 開幕迫るNFL2014

解説者の心得、それは「楽しむこと」 開幕迫るNFL2014

2014/08/11 【宍戸博昭】

 「解説者」という肩書きで、アメリカンフットボールのテレビ中継のお手伝いをするようになって、今年でもう29年目になる。  きっかけは1986年の秋。「甲子園ボウル」の中継が、NHKから大阪の毎日放送に移行して2年目のことだった。 ...【続きを読む】

上達する前にまず「体作り」 今の自分に満足しないことが大切

上達する前にまず「体作り」 今の自分に満足しないことが大切

2014/08/08 【中村多聞】

 スポーツで将来はトップになる、と夢見ている人は多くいらっしゃるかと思います。記憶がないほどの幼年期から親御さんの希望でそのスポーツを始める人、自身の希望で学校やクラブで始める人、いろいろな人がいます。  ほとんどの人にとって...【続きを読む】

「競合による進歩」を NFL取材半世紀、タック牧田さん

「競合による進歩」を NFL取材半世紀、タック牧田さん

2014/08/07 【小座野容斉】

 この時期になると、ある人の去就が気になる。「今シーズンはどうするのだろうか」。といっても選手ではない。フットボール写真家・ジャーナリストのタック牧田さんのことだ。  1960年代の初めからアメリカでプロフットボールを取材し続ける...【続きを読む】

【NFL観戦ガイド】② 地区編成やライバル関係に注目

【NFL観戦ガイド】② 地区編成やライバル関係に注目

2014/08/07 【生沢浩】

 NFLの開幕まであと1カ月を切った。プレシーズンゲームの開幕を告げる殿堂入り式典記念試合「ホール・オブ・フェイムゲーム」も開催され、開幕ムードは日を追うごとに高まっている。  さて、今回はNFL観戦ガイドの2回目。前回はお気...【続きを読む】

2カ月でチームは変わる 劇的に成長した立教大

2カ月でチームは変わる 劇的に成長した立教大

2014/08/06 【松元竜太郎】

 今春の学生フットボール界の話題をいくつかお伝えする前に、私が今年から学生を積極的に取材するようになったきっかけを説明しておきたい。  「Xリーグの魅力を伝える」。2012年に週刊TURNOVERを始めた時のコンセプトの一つだ...【続きを読む】

注目のアラバマ大レシーブ陣 空中戦彩る逸材ひしめく今季

注目のアラバマ大レシーブ陣 空中戦彩る逸材ひしめく今季

2014/08/06 【丹生恭治】

 「誰が書くねん。え、お前が? あかん。やめとき。ほかのことやったらかめへん。レシーバー? それだけはあかん」  今回のテーマを、もし私が同学年の仲間に話したら、きっと全員がこう言って反対するだろう。  冗談話である。現役時代、そ...【続きを読む】

不完全燃焼だったチャンピオンシップ 守備が崩壊し完敗

不完全燃焼だったチャンピオンシップ 守備が崩壊し完敗

2014/08/05 【鈴木弘子】

 先ほど、チャンピオンシップが行なわれたシカゴから自宅のあるロサンゼルスに帰ってきた。トロフィーをカリフォルニアに持ち帰ることはできなかった。  今まで負けた試合は「悔しい」の一言だったが、今回の試合に関しては、不完全燃焼と言った...【続きを読む】

規格外のDB中谷が加入 IBM、守備強化で躍進の予感

規格外のDB中谷が加入 IBM、守備強化で躍進の予感

2014/08/01 【松元竜太郎】

 今週から春季Xリーグ、学生リーグを取材して印象的だったトピックを紹介していきたい。まずはXリーグの話題から。  パールボウルトーナメントで屈指の好カードとして注目されたオービック―IBMの一戦は、45―14と一方的な展開でオー...【続きを読む】

「このチームでは勝てない」 自身が綴る中村多聞物語⑩

「このチームでは勝てない」 自身が綴る中村多聞物語⑩

2014/08/01 【中村多聞】

【三武ペガサスで学んだこと】  ▽チーム理念  風林火山(ミーティングルームの壁に大きく貼ってあったので、たぶんコレがチーム理念だったと思う)  ▽試合に負けても己は負けるな  スコアボードでは負けたとしても自分自身は相手に勝...【続きを読む】

野球とアメフット 社会人スポーツを比べてみると

野球とアメフット 社会人スポーツを比べてみると

2014/07/31 【小座野容斉】

 私は年に十数回、東京ドームへ通う。とはいえ、プロ野球の取材はもう10年近くご無沙汰で、日本選手権「ライスボウル」、社会人選手権「ジャパンXボウル」などアメリカンフットボールの試合取材が半分。残りは社会人野球の都市対抗野球大会の...【続きを読む】