「自分自身と神様から逃げない」 多聞流自己啓発術

「自分自身と神様から逃げない」 多聞流自己啓発術

2015/05/29 【中村多聞】

 こんにちは。今回は昔よくやった「練習後の走り込み」などについて考察してみました。体力、技術ともにリーグでもトップクラスまで「自分自身を高めたことのない」トレーナーやコーチの意見とは大きく違っているのが僕の特徴ですので、最新式の「...【続きを読む】

コーチ陣の顔ぶれから見える「米国代表の本気度」 第5回世界選手権

コーチ陣の顔ぶれから見える「米国代表の本気度」 第5回世界選手権

2015/05/28 【小座野容斉】

 7月に米国オハイオ州カントンで開催されるアメリカンフットボールの世界選手権(国際アメリカンフットボール連盟=IFAF主催)で3連覇を狙う米国代表のコーチ陣が、同代表の公式サイトで発表された。  今回はダン・ホーキンス・ヘッドコー...【続きを読む】

「甲子園ボウル2連覇は神の加護」 関学、慶応に連勝

「甲子園ボウル2連覇は神の加護」 関学、慶応に連勝

2015/05/27 【丹生恭治】

 月日とともに移り変わる攻撃体型の中で、「T」の登場というのは日本の場合、やはり一番大きな変化だったといえよう。  「シングルウイング」または「ダブルウイング」といったスナップを数ヤード後方で受け取るフォーメーションから、直接受け...【続きを読む】

エキストラポイントのルール変更 キックは2ヤードから15ヤードへ

エキストラポイントのルール変更 キックは2ヤードから15ヤードへ

2015/05/26 【生沢浩】

 NFLの最高決定機関にオーナー会議というものがある。年に数回開催され、ルールやリーグ運営方針について協議する。議決は32チームのオーナーの投票で行われる。  春のオーナー会議ではルール改正が大きな議題だ。今年は5月18日から...【続きを読む】

「アトランタキャンプ日記」⑦ 自身が語る中村多聞物語32

「アトランタキャンプ日記」⑦ 自身が語る中村多聞物語32

2015/05/22 【中村多聞】

 1998年3月24日  前日まで3日連続お酒を飲んで、2日連続朝までコースでしたが、なんでこんなに遊んでいるかというと、キャンプは終了でいよいよライン・ファイアーのホームタウン、ドイツはデュッセルドルフに移動なんですねー。  昨...【続きを読む】

復活かけるシルバースター 短い春シーズンに見えたもの

復活かけるシルバースター 短い春シーズンに見えたもの

2015/05/21 【小座野容斉】

 日本社会人アメリカンフットボールXリーグは、5月16、17の両日に富士通スタジアム川崎でX1の東日本交流戦の4試合などを行い、1カ月の春シーズンを終えた。7月の世界選手権を見据え、いつもより短い春に見えたものを記したい。  ...【続きを読む】

山口高とタックルで対戦 T対策の山口合宿

山口高とタックルで対戦 T対策の山口合宿

2015/05/20 【丹生恭治】

 直接関係もないのに、といわれればそれまで。しかし、関西学院高等部へ進んだばかりの私たちは、大学チームが早大に喫したあの衝撃的な大敗の空気を、そのまま引きずっていた。  そしてあの日から9日目の5月16日、私たちは新しい展開にびっ...【続きを読む】

注目されるブレイディの処分 「デフレートゲート」に揺れるNFL

注目されるブレイディの処分 「デフレートゲート」に揺れるNFL

2015/05/19 【生沢浩】

 スーパーボウルで優勝したペイトリオッツが、AFC決勝でボールの空気圧を規定より低くして使用していたとされる、いわゆる「デフレートゲート」は日本でもニュースで報じられるほどの大きなスキャンダルとなった。  NFLはペイトリオッツと...【続きを読む】

守備戦で重み増すキッキング 立命大が関大に負けた理由

守備戦で重み増すキッキング 立命大が関大に負けた理由

2015/05/15 【松元竜太郎】

 5月10日に大阪・エキスポフラッシュフィールドで行われた立命大と関大の試合は、24―7で関大が勝った。昨秋は21―0で立命大が関大を下しており、点差が開いての関大の勝利は大方の予想を裏切る結果となった。  この試合の1週間前...【続きを読む】

「アトランタキャンプ日記」⑥ 自身が綴る中村多聞物語31

「アトランタキャンプ日記」⑥ 自身が綴る中村多聞物語31

2015/05/15 【中村多聞】

 1998年3月20日  パンターのネイト君が「タモン、ちょっと俺の練習付き合うてくれや」と言ってきたので、先日全く捕れなかった雪辱を晴らすためにも快諾しました。  アメリカ人の蹴るパントは、キリキリにスパイラルがかかった状態で上...【続きを読む】