門限破ってヘッドコーチから大目玉 自身が綴る中村多聞物語49

門限破ってヘッドコーチから大目玉 自身が綴る中村多聞物語49

2016/05/06 【中村多聞】

 昼間に2度のNFLプラクティスを経験し、疲れ果てた僕にまだ仕事が残されていました。それはミーティングです。  全員を集めてマイク・ホルムグレン・ヘッドコーチ(HC)がいろいろ話します。「練習はしんどいけどけがせんようにしっかり頑...【続きを読む】

失意の敗戦を乗り越えて 関学大エースQB伊豆充浩

失意の敗戦を乗り越えて 関学大エースQB伊豆充浩

2016/05/02 【宍戸博昭】

 失意の敗戦から5カ月。関学大の4回生エースQB伊豆充浩は、どこか吹っ切れたような表情をしていた。丸刈りだった頭髪が伸びて、幾分イメージが柔らかくなったからだろうか。  最上級生という自覚がそうさせるのか、言葉を選びながら冷静に淡...【続きを読む】

ネット社会反映した前例ない展開も NFLドラフト総括

ネット社会反映した前例ない展開も NFLドラフト総括

2016/05/02 【生沢浩】

 今年のNFLドラフトは4月28日から3日間の日程でシカゴで行われ、計253選手が指名を受けた。  今季から本拠地をロサンゼルスに再移転するラムズは、予想通り全体1位指名権をQBジャレッド・ゴフ(カリフォルニア大)に行使した。ゴフ...【続きを読む】

その名は「タモン式」RB講座 NFL流をIBM選手に伝授

その名は「タモン式」RB講座 NFL流をIBM選手に伝授

2016/04/28 【中村多聞】

 アサヒ飲料チャレンジャーズで選手生活を終え、その後10年間を「フットボール評論家」として過ごして参りましたが、なんと今年度より現場に顔を出し始めております。  縁あってXリーグの強豪、IBMビッグブルーのランニングバック(R...【続きを読む】

東京遠征と生涯唯一のTD

東京遠征と生涯唯一のTD

2016/04/27 【丹生恭治】

 1952年(昭和27年)の12月7日、甲子園球場では、ドナルド・オークス監督の薫陶を受けて、当時日本で最新の技術を身につけた日本最強のチームが、攻守にその力を存分に発揮していた。  そのさまを外野のスタンドから、高校では日本最強...【続きを読む】

25歳で夭逝 LIXIL抱俊樹選手に捧げる

25歳で夭逝 LIXIL抱俊樹選手に捧げる

2016/04/26 【小座野容斉】

 4月8日にベースボール・マガジン社から「アメリカンフットボール・マガジン2016SPRING」が発売された。昨年8月の復刊号から3冊目となる雑誌に、今回も写真や記事を寄稿した。  試合やプレーのリポートがほぼなかった今回の号...【続きを読む】

ラムズとイーグルスはチームの「顔」獲得へ 近づくNFLドラフト

ラムズとイーグルスはチームの「顔」獲得へ 近づくNFLドラフト

2016/04/22 【生沢浩】

 いよいよNFLの大学ドラフト(現地時間4月28~30日・シカゴ)が近づいてきた。先週のコラムで紹介したラムズとタイタンズのほか、イーグルスとブラウンズの間でも1巡指名権のトレードが行われた。  これにより、全体1位指名はラムズ、...【続きを読む】

目指すはファンサービス世界一 自身が綴る中村多聞物語48

目指すはファンサービス世界一 自身が綴る中村多聞物語48

2016/04/21 【中村多聞】

 午前の練習が終わり、シャワーを浴びます。この時1998年。1980年台半ば、僕がヤングな中高生だった頃、日本に登場した液体石けんビオレUは女性用の柔らかい香りでした。  なんの話かと言うと、パッカーズのシャワールームに設置し...【続きを読む】

わが友、鈴木智之さんを悼む

わが友、鈴木智之さんを悼む

2016/04/20 【丹生恭治】

 前回の「締め」の一節を書いていた時である。電話が鳴った。受話器から、ぶっきらぼうな声が響いてきた。友人の、つまり昔のフットボール仲間の木谷さんだ。  「訃報や」。弾まぬ声である。「また減ったわ」。そして、一呼吸置いて「チューや...【続きを読む】

「ファンフェスタ」で知るフットボールの楽しさ

「ファンフェスタ」で知るフットボールの楽しさ

2016/04/19 【小座野容斉】

 3月の半ばに、XリーグのLIXILディアーズの眞中久仁枝マネジャーから、4月24日(日)に開催する「ディアーズファンフェスタ2016」(東京都調布市のディアーズ柴崎グラウンド)の案内をいただいた。今年で12回目の開催という。この...【続きを読む】