NFLはプレシーズン最終週を迎え、いよいよ開幕を待つのみとなる。開幕前の最後の土曜日となる9月2日は、最終ロースターカットの日だ。
 すべてのチームがシーズン中の登録上限である53人に保有選手を削らなければならない。期限は当日午後4時(アメリカ東部時間、日本時間3日午前5時)だ。


 キャンプからプレシーズン最終戦まで、チームは最大90人までの選手を登録できる。例年はプレシーズン中に75人まで削減される「第1次ロースターカット」があったが、今季から廃止されたため一気に人員が絞られる。リーグ全体で計1184人が職を失う計算だ。


 ブラウンズは既にベテラン選手の〝整理〟を始めた。7年間先発CBとして活躍したジョー・ヘイデンを解雇し、OLキャメロン・アービングをチーフスにトレードした。
 さらにテキサンズから先発予定で獲得したQBブロック・オスワイラーの「引き取り先」を探しているとの情報もある。
 ブラウンズはすでに新人QBデション・カイザーを先発起用することを発表しており、年俸の高いオスワイラーはトレード要員となったのだ。
 ちなみにヘイデンは、同地区ライバルのスティーラーズがすぐに契約している。


 スーパーボウル王者ペイトリオッツはDEコニー・イーリーをカットした。イーリーはパンサーズでプレーしていた一昨年のスーパーボウルで3サックを記録して注目された。
 今年のオフにトレードで移籍したばかりの若手で、ペイトリオッツのパスラッシュ強化の一環として期待されていた。


 そのペイトリオッツはエースWRジュリアン・エデルマンが膝の靱帯断裂で今季絶望となった。幸いダニー・アメンドラ、ブランディン・クックス、クリス・ホーガンらWR陣は人材が豊富で、TEロブ・グロンカウスキーも健在だ。


 ビルズでは、先発DTマーセル・ダリウスがチーム規則を破ったとしてプレシーズンゲーム直前に帰宅を命じられるという〝事件〟が起きた。
 ビルズは詳細を明らかにしていないが、規則違反は解雇の対象になりかねない。ビルズとしては失いたくない選手だが、今季からショーン・マクダーモットを新HCと迎えたばかりなだけに、規律重視のためにダリウス解雇もあるかもしれない。


 バイキングズは2014年にドラフト1巡で獲得したQBテディ・ブリッジウオーターについて重大な決断を迫られる。
 ブリッジウオーターは昨年のキャンプ中に左膝の靱帯を切る重傷を負い、現在もリハビリの最中だ。フィールドへの復帰の見通しは立っていない。


 バイキングズは昨年、イーグルスとのトレードでサム・ブラッドフォードを獲得した。
 ブラッドフォードは開幕直前の移籍にもかかわらずパス成功率でNFL新記録(71.6%)をマークするなど好調で、今季も先発の座を確保している。バックアップは肩の強いケース・キーナムだ。


 ブリッジウオーターについては、インジュリーリザーブ(IR=選手の保有権を維持する故障者リスト)に登録するというシナリオが予想される。
 IRに登録された選手は、基本的にそのシーズンには出場登録が許されない(各チーム1人だけシーズンに復帰する選手を指名することができる)。その代わり、選手を保有する権利は保証される。


 ところが、ブリッジウオーターが新人の時に結んだ4年契約の最終年に入ることで事態は複雑になっている。
 ドラフト1巡指名を受けた選手については、契約5年目を有効にするか否かの選択肢をチームが持つ。そして、その決断を行うのは契約の4年目、すなわち今年だ。


 例外措置として、選手がシーズンの第6週まで短期の故障者リストに入っている場合に契約を1年先延ばしにすることが許されているが、これについては選手のフリーエージェントになる権利取得を妨げるものとしてNFL選手会は否定的だ。


 もう一つの懸念はブラッドフォードの契約だ。これも今年が最終年。NFLでは先発QBが契約の最終年に新たな契約延長をするのが一般的だ。
 だが、ブリッジウオーターにも多額を投資しているバイキングズは、簡単にはブラッドフォードの契約を延長できないのだ。


 バイキングズは既に、ブラッドフォードのパス能力を生かすオフェンスを作っている。それが今季も効力を発揮すれば、ブリッジウオーターのチーム復帰の可能性は低くなる。
 しかし、ブラッドフォードが大きな故障でもしてしまうと、今までのチーム作りが無駄になる。残念なことに、ブラッドフォードは故障の多い選手だ。


 バイキングズの所属するNFC北地区は、昨年もプレーオフに出場したパッカーズとライオンズが優勝を争い、そこにバイキングズが加わることが予想されている。
 だが、それを実現するためにはブラッドフォードの活躍が不可欠で、それが現実となればそれだけブリッジウオーターのチームでの立場が危うくなる。4年目を迎えるマイク・ジマーHCも頭を悩ませていることだろう。


 NFLの2017年シーズンは、現地時間9月7日に開幕戦のペイトリオッツ対チーフスの1試合が行われ10、11日にかけて残りの15試合が実施される。

【写真】プレシーズンゲームの49ers戦でパスを投げるバイキングズのQBブラッドフォード(AP=共同)