IFAF世界選手権で、日本代表は2大会ぶりに実現したアメリカ戦で18―43と敗れ、打倒アメリカの目標達成はならなかった。
 ただし、次のメキシコ戦に勝利すれば優勝決定戦で再度挑戦のチャンスがある。


 2インターセプトを奪うなど、日本代表の健闘が目立った。一つのフットボールチームとしての完成度はむしろアメリカよりも高かった印象だ。代表結成から取り組んできたプレーの緻密さはある程度の成果を出したと評価したい。


 しかし、ターンオーバーで得たチャンスを得点に結び付けられず、また、アメリカがテンポよくオフェンスを展開している時に打開策を打ち出せないなど今後に課題も残した。
 スピードやパワーなどフィジカル面で勝るアメリカだが、スペースの活かし方のうまさも随所で見られた。


 ここでいうスペースとはボールキャリアーが自由に動くことのできるスペースだ。RBならカットバックでタックラーをかわす余裕のある距離、WRならいわゆるワイドオープンの状態だ。


 例えば、第3Qに飛び出したRBセードル・フォスターの独走TDラン。QBからハンドオフを受けたフォスターは左サイドに展開するが、その際にLB天谷謙介(LIXIL)のパシュートをかわして独走態勢に入った。フォスターは天谷との距離を保ちつつ、やや膨らむようなコースを走ってスピードで振り切った。


 自分の周りに広いスペースを与えられたらボールキャリアーは有利だ。カットを切るなり、スピードを生かすなり、ディフェンダーをかわす選択肢が多いからだ。
 ゲインを阻止するために完璧な体勢でのタックルが求められるディフェンダーはどうしても後手に回ってしまう。


 タックルを受けてもそのあとさらに2、3ヤードゲインすることのできるRBはこのスペースの使い方がうまい。スペースの中で自分の体勢をコントロールすることで、ディフェンダーの重心を外してタックルの威力を減少させるからだ。


 アメリカのWRと日本のDBとの競り合いでも、捕球の際の一瞬だけディフェンダーよりも体が前に出ることでパスキャッチを成功させる場面がいくつかあった。
 これを成功させるには、ここぞという瞬間にさらに加速できるWRの脚力とQBの絶妙なパスコントロールと正確なタイミングが必要なのだが、そこはNCAAの高いレベルでプレーしてきたアメリカ代表、さすがにうまかった。


 WRにとってのスペースとはすなわちディフェンダーからのセパレーションに他ならない。日本選手が得意とするカムバックや、NFLでよく見られるバックショルダーパスはセパレーションを作る方法だ。
 そのバリエーションはアメリカ代表の方が多く持ち、またエクセキューション(実行)もうまかった。そこにはやはりスピードや体格といったフィジカルの差も影響していた。


 フィジカルの差は日本代表にとってすぐに克服できる課題ではない。しかし、随所に見せた緻密なプレーはこの後のメキシコ戦、そのあとに可能性の残るアメリカとの再戦に生かすことのできるアドバンテージだ。
 世界王座奪回に向けた残り2試合に日本代表の奮起を期待したい。

【写真】低い姿勢からの独特のカットで、日本のディフェンスを翻弄した米国RBフォスター=撮影:Yosei Kozano