クラウドノイズ(Crowd Noise)
 観客が声援によりプレーを邪魔すること。ただし、いわゆるブーイングとは異なり、応援するチームがディフェンスを行う場合に、相手チームのオーディブル(QBが声で作戦の変更を伝える)やスナップカウントを邪魔するために大声を出す。ホームのチームが有利になる一因であるが、カレッジフットボール等では、度が過ぎるとホームチームに「エクセシブ・クラウドノイズ」(Excessive Crowd Noise=歓声による過剰な妨害)として5ヤードの罰退が科せられる。


 クラウドノイズについて、多くの方がネット上で議論されているのを最近よく見かけるようになりましたので軽く斬ってみましょう。
 まず自分が選手として体験したクラウドノイズを挙げてみます。NFLヨーロッパ(NFLE)の時です。アウェーで観客4万1000人が入ったスタジアムで試合をしたことがあります。特殊なルールがたくさんあるNFLEですが、その中でもすごいのが、審判と同じ音の鳴るホイッスルが球場の売店で安く売っていて、それを試合中に敵軍応援団が鳴らしっ放し。これ「合法」なんですわ。


 屋根が無いとはいえ、4万人が笛吹きまくりやからね。ほとんどの会話や放送が聞こえなくなるので五感の一つが完ぺきに奪われます。しかも競技中には視覚と聴覚がとても重要なので半分を持って行かれている感じです。そうなると空気に重さがあるような感覚になり、その後にだんだん神経が研ぎ澄まされ、ある時間を過ぎれば耳が騒音に適応するんかしてアタマの中だけが静寂になります。
 QBとコーチの声だけを脳みそが拾うというか、人間の体ってようできてるわしかし。NFLのQBの声がナンボ大きいとはいえ、端っこにいてるWRまでは声が届きません。ボックス(OLのタックルからタックルのエリア)内でギリギリ。細かい事は聞こえません。QBの「ハット! ハット!」言うのんもどうせ端っこまで聞こえへんので、ケイダンス(QBの発するプレー開始のコール)はなしで無音スタートします。「サイレントスナップ」って言います。
 コレが「Crowd Noise」ですね。


 さて、ニッポンのフットボール会場では良いか悪いか、是か非か。ゼニ払って見に来てる人らが応援しているんだから球場のルール、リーグのルールに準じていれば何でもエエかなっていうのがまずイチバン思う事かな。
 昨年のビッグゲームでQBの声が届かなくてスナップミスがあったらしいですが、そんなのは「大声援があるかもしれない」という予測ができなかったコーチの責任。でも、実はプレー開始直前のノイズよりも、ベンチでの伝達には影響があると思います。
 コーチという生き物は試合中に色々指導したがるので、今までに聞いた事のない言葉や細かい作戦を伝えられると聞こえづらいです。チャンピオンシップゲームやったら応援団は各チームに1万人以上ずつぐらいはいるし、両チームが配布する音出しグッズが一斉に鳴るとなかなかの騒音になりますわな。まあ、イチバンやかましいのは自軍のチアがスピーカーから出す音楽やけどね。


 20世紀末ごろにアサヒ飲料で出場した社会人決勝で我が軍のチアリーダーにお願いした事があります。「誰が決めたか知らんけど、レディーフォープレーごろにチアも観客も静かにしとかなアカンゆう暗黙のルールを破って、ずーっと騒いどいてちょうだい」
 一応スピーカーは止めて、生声だけは絶やさず。で、試合中に誰かに文句言われたら多聞に命じられているのでダメですって言うて〜」と。緊迫した試合中にそのクレームはモチロン入って来ました。ゲーム中の多聞にも「静かにせえて怒られまくりです〜」とチアから泣きも入りましたが「気にせず継続せえ」いうて頑張ってもらいました。
 まあその応援のおかげで勝利しましたけどね。しかしその後でネットでプチ炎上。「飲料のチアはマナーが悪い!」だ何だとゴチャゴチャ言われました。まだ誰もやってない事を最初にやると、ゴチャゴチャ言うて来るのは世の常なので仕方ないかな。


 結論。クラウドノイズはガンガンやりましょう。2チームの応援団がスピーカーでやり合うのはアカンけど、観客のナマ声とかバタバタなら楽しいし雰囲気も盛り上がるし、そのチームの特徴にもなるもんね。楽しく応援(観戦)できれば何でもええやん。大騒ぎで楽しもうよ。せっかくのゲームデーやし。

【写真】日本選手権(ライスボウル)でクラウドノイズを出すオービックファン=1月3日、東京ドーム