「東高西低」を覆せるか 第2S進出のアサヒ飲料とパナソニック

「東高西低」を覆せるか 第2S進出のアサヒ飲料とパナソニック

2012/10/23

 社会人Xリーグは、10月21日に長居陸上競技場で行われた西地区の最終節で、アサヒ飲料が12-10でパナソニックに逆転勝ちした。この結果、3チームが4勝1敗で並んだが、直接対決の得失点差によりパナソニックが地区優勝となった。西地区...【続きを読む】

歴史に残る名勝負「涙の日生球場」 1977年、関学大-京大

歴史に残る名勝負「涙の日生球場」 1977年、関学大-京大

2012/10/17

 スポーツの世界には「歴史に残る名勝負」として語り継がれる試合がある。  国内のアメリカンフットボールでは、学生日本一を決める「甲子園ボウル」で数々の名勝負があったが、今回は今から35年前、大学フットボール界をリードする関西学生リ...【続きを読む】

39歳の「小さな巨人」 オービックDB渡辺雄一

39歳の「小さな巨人」 オービックDB渡辺雄一

2012/10/16

 ディフェンスバック(DB)はアメリカンフットボールの数あるポジションの中でも、最も高い身体能力が求められるポジションだ。身長171センチと小柄ながら、日本選手権(ライスボウル)2連覇中のXリーグ、オービック・シーガルズの中心選手...【続きを読む】

伝統のオプション攻撃で復活 「オレンジ軍団」名門・法政二高

伝統のオプション攻撃で復活 「オレンジ軍団」名門・法政二高

2012/10/09

 10月8日に川崎球場で行われた全国高校アメリカンフットボール選手権の神奈川県大会決勝は、法政二高が21-14で慶応高を破り、4年ぶり22度目の優勝を果たした。春季大会の初戦敗退から名門校が奇跡の復活を果たすまでの過程には、チーム...【続きを読む】

「勝っても負けても淡々と」 学生を愛した鬼監督・篠竹幹夫

「勝っても負けても淡々と」 学生を愛した鬼監督・篠竹幹夫

2012/10/03

 試合翌日のオフは、授業に出る場合を除き門限は午後5時。禁酒禁煙は当たり前で、夜の盛り場に繰り出すなどはもってのほか。大学4年間の合宿所生活は、どんな「箱入り娘」にも負けない厳しい規律に縛られていた。  7月に7回忌を迎えた恩...【続きを読む】

攻守でビッグプレー連発 IBMの挑戦退けたオービック

攻守でビッグプレー連発 IBMの挑戦退けたオービック

2012/10/01

 台風接近を告げる強風が吹き荒れる中、2年連続日本一のオービックに米国人QBケビン・クラフトを擁するIBMが挑んだ注目の一戦が9月30日、川崎球場で行われた。試合は、オービックが攻守でビッグプレーを連発して流れを引き寄せ、35-2...【続きを読む】

QBクラフトのパスが鍵 王者オービックに挑むIBM

QBクラフトのパスが鍵 王者オービックに挑むIBM

2012/09/28

 オービックを止めるチームは現れるのか。今季、社会人Xリーグの最大のテーマだ。ライスボウル2連覇を含め、オービックの公式戦の連勝記録は28まで伸びている。対するIBMは1カ月前の開幕戦で富士通に敗れたとはいえ、米国人QBケビン・ク...【続きを読む】

世界と戦うために U―19W杯総括

世界と戦うために U―19W杯総括

2012/09/24

 今夏、アメリカンフットボールの第2回U―19(19歳以下)ワールドカップ(W杯)が米テキサス州で開催された。日本代表チームは準決勝でカナダに敗れ、最終的に3位という結果だった。当初の目標だった米国との決勝は実現しなかったが、日本...【続きを読む】

心にしみる言葉 樋口広太郎さんをしのぶ

心にしみる言葉 樋口広太郎さんをしのぶ

2012/09/20

 元アサヒビール社長で、内閣特別顧問などを歴任した樋口広太郎さんが9月16日、急性心不全で亡くなった。86歳だった。  住友銀行(現三井住友銀行)副頭取を経て、1986年にアサヒビール社長に就任した樋口さんは、ヒット商品「スーパー...【続きを読む】

攻守にすきのない鹿島 プレーオフへ充実の戦力

攻守にすきのない鹿島 プレーオフへ充実の戦力

2012/09/19

 3年ぶりの日本一を目指す鹿島と、初戦でアサヒビールを延長戦の末に下し、勢いに乗るノジマ相模原が18日、東京ドームで対戦した。鹿島にとっては相性の悪い相手だけに苦戦も予想されたが、すきのない試合運びで31-10と完勝した。ノジマは...【続きを読む】