初めて見た0―0の引き分け 大一番、決戦前日の不思議な体験

初めて見た0―0の引き分け 大一番、決戦前日の不思議な体験

2013/11/26

 決戦の前日、私は上ヶ原へ出かけた。ほかでもない。この日、母校では「ホームカミングデー」の集まりがあったからだ。これまで何度かお誘いを受けていたが、何かのついでがあればともかく、何もないときに千葉から出かけていくのは、いささか負担...【続きを読む】

早大学院高が4連覇へ前進 積極的守備が勝利呼び込む

早大学院高が4連覇へ前進 積極的守備が勝利呼び込む

2013/11/25

 全国高校アメリカンフットボール大会の関東地区決勝が23日に駒沢第二球技場で行われ、早大学院高(東京)が慶応高(神奈川)を21―7で破り、4年連続8度目の優勝。12月23日に東京・味の素スタジアムで開催される立命館宇治高(京都)と...【続きを読む】

「けがは神様からの贈り物」 元日本代表、日大・長谷川昌泳コーチ

「けがは神様からの贈り物」 元日本代表、日大・長谷川昌泳コーチ

2013/11/25

 長身。きれいなふくらはぎの筋肉。後ろ姿から、あの筋肉のつき方から、絶対に私の知っている人のはずと、しばらく観察。そしてサングラス越しの目で確信。  「昌泳くん!」―。9月の初め、電車のなかでの出来事です。同じ車両で、ドアの横に立...【続きを読む】

「負けた時こそ振る舞いに注意」 観客に対するマナーをわきまえよ

「負けた時こそ振る舞いに注意」 観客に対するマナーをわきまえよ

2013/11/22

 僕は遊びでフットボールに取り組んだことがありません。自分なりに真剣に取り組み、何年も何年も才能の少ない自分(注1)の限界に挑戦し続け、人生の全てをかけて大きなプレッシャーを抱えながら試合会場に足を運んでいました。ですから論点に他...【続きを読む】

【編集後記】Vol.11

【編集後記】Vol.11

2013/11/22

 QBをプレーした経験がないのが、いまでも心残りである。才能がなかったというのが一番の理由だが、一度でいいから司令塔として攻撃をリードしてみたかった。だから、このポジションの選手は憧れであると同時に、つぶさに観察している。  最も...【続きを読む】

「パスを捨てランで勝負」 腹をくくり、迷い消えた京大

「パスを捨てランで勝負」 腹をくくり、迷い消えた京大

2013/11/21

 11月8日に、京都の西京極陸上競技場で行われた関西学生リーグの試合で、京大が立命を破った。実に13年ぶりである。そこで今回は、この試合について小生なりの感想を述べてみたい。  所用のため、試合会場に着いたのは後半の立ち上がり...【続きを読む】

パナソニックとの激戦制した鹿島 準決勝では王者オービックと対戦

パナソニックとの激戦制した鹿島 準決勝では王者オービックと対戦

2013/11/20

 シーズンが佳境となり、一年で最も面白い試合が続くこの時期。このコーナーも、コラムではなく観戦リポートが続くことになるがご容赦いただきたい。  Xリーグセカンドステージの「スーパー9」で、パナソニック・インパルス(ウエスト1位...【続きを読む】

関西は「アメリカン」東京は「アメラグ」 昔話をもう一度

関西は「アメリカン」東京は「アメラグ」 昔話をもう一度

2013/11/19

 また昔話をしたくなった。学生時代だが、当時の阪神間には西宮に一つだけ球技場があった。名前を「西宮球技場」という。阪急電車の持ち物で、サッカーとかの国際試合が開かれる場所でもあった。  あれはスイスのチームだったろうか。グラス...【続きを読む】

ライバルとの「死闘」から1年 日大グラウンドを訪れて

ライバルとの「死闘」から1年 日大グラウンドを訪れて

2013/11/18

 「法政戦まであと8日」  東京・桜上水にある日大のクラブハウスに貼られた、11月24日の「あずまボウル」までのカウントダウンを見ると、今年もこの季節がきたなあと、1年という時の流れを感じます。と同時に、私まで身が引き締まる思いが...【続きを読む】

ボブスレーでの五輪出場はならず アサヒ飲料DL和久憲三

ボブスレーでの五輪出場はならず アサヒ飲料DL和久憲三

2013/11/15

 11月8日、日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟が発表した、2014年ソチ冬季五輪出場を目指すボブスレー男子日本代表候補の中に、Xリーグのアサヒ飲料に所属するDL和久憲三(28)の名前はなかった。海外遠征から帰国して間もな...【続きを読む】