【モスクワ共同】女子走り高跳びで世界選手権3連覇中のマリア・ラシツケネらロシアの陸上3選手が国籍変更も選択肢にあることを示唆した。組織的なドーピング問題でロシア陸連が世界陸連から資格停止処分を受け、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ