日本パラ陸連が4月に実施した、東京パラリンピック代表内定選手14人を含む強化指定選手と育成指定選手合計49人へのアンケート結果で、85%以上が新型コロナウイルスの影響で普段の練習拠点を使用できていな...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ