世界陸連のセバスチャン・コー会長(63)は27日、東京五輪の1年程度の延期により、来年8月に米オレゴン州で開催予定の世界選手権について「柔軟性が重要だ」と話し、必要に応じて2022年に日程を変更する...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ