日本陸連は10日、東京都内で理事会を開き、東京五輪の金メダルの報奨金を2千万円と決めた。銀は1千万円、銅は800万円。報奨金の対象は8位までで、いずれも2016年リオデジャネイロ五輪と同額。リレーは...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ