【ドーハ共同】陸上の世界選手権第9日は5日、ドーハで行われ、男子400メートルリレー決勝で多田修平、白石黄良々、桐生祥秀、サニブラウン・ハキームの日本は37秒43のアジア新記録で2大会連続の銅メダル...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ