【ドーハ共同】陸上の世界選手権第6日は2日、ドーハで行われ、男子110メートル障害で日本記録保持者の高山峻野は準決勝で13秒58の3組6着にとどまり敗退した。決勝はグラント・ホロウェイ(米国)が13...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ