【ドーハ共同】陸上の世界選手権第2日は28日、ドーハで行われ、50キロ競歩の男子は鈴木雄介(富士通)が金メダルを獲得し、東京五輪代表に決まった。日本勢の競歩での優勝は五輪、世界選手権を通じて初めて。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ