陸上の全日本実業団対抗選手権最終日は22日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで行われ、男子200メートルは木村和史(四電工)が20秒86で初優勝し、400メートルとの2冠に輝いた。気胸からの復帰戦...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ