国ぐるみのドーピング問題で国際陸連から資格停止処分を受けているロシア陸連が、女子走り高跳びで世界選手権2連覇中のマリア・ラシツケネら29選手を個人資格の「中立選手」として27日開幕の同選手権(ドーハ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ