陸上男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が3日、欧州遠征から成田空港に帰国し、27日開幕の世界選手権(ドーハ)に向けて「(100メートルの)準決勝の想定ができた。しっかりそのイメージで走りたい」と意気込...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ