陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権混成競技最終日は9日、長野市営陸上競技場で行われ、男子十種競技は32歳の右代啓祐(国士舘ク)が7847点で2年連続8度目の優勝を飾り...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ