【ローマ共同】世界反ドーピング機関(WADA)は14日、今年限りで退任するクレイグ・リーディー委員長(英国)の後任候補として、WADA常任理事でポーランドのスポーツ・観光相を務めるウィトルド・バンカ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ